5代目新型レクサスLSが10月19日に発売されました。「トヨタ」ブランドでは、クラウン、そしてセンチュリーと看板サルーンの次期モデル(コンセプトカー)を東京モーターショーへの出展が発表されており、さらにLSというレクサスの最上級サルーンが発表されたことになります。

エンジンは、レクサス初のV型6気筒3.5Lツインターボエンジンを搭載し、圧倒的な静粛性とフラットなトルク特性を活かした加速フィーリングを両立したとしています。

また、理想的なボア×ストローク比としたほか、吸気効率向上や燃焼室内の気流強化により高速燃焼を実現したそうです。さらに、高効率ツインターボチャージャーとの組み合わせもあって、世界トップレベルの熱効率、そして高い出力と燃費性能を達成。組み合わされるトランスミッションは「Direct-Shift 10AT」。

ハイブリッドは、LC500hで新開発された「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載。レクサスのハイブリッドシステムに有段ギヤを組み合わせた独自の機構で、高回転化したV6 3.5Lエンジンと走行用モーター両方の出力を制御。低速から力強い駆動力を生み出し、パワフルな走りが得られるそう。

なお、同日、神戸製鋼製の強度偽装問題についてトヨタは、同社からトヨタに直接納入された分のアルミ板の車両への「影響はなし」、仕入れ先経由のアルミ板も「影響なし」としています。ほかの銅管、鋼線など、クラッド材、アルミ押出、銅製品、鉄粉、ターゲット材などについては確認中とのこと。

というのも、新型LSにも当然、アルミ材などの軽量化に貢献する部材が使われているからで、同モデルは「GA-Lプラットフォーム」のもと、アルミ部材を積極的に採用しながら、エンジンなどの重量物を車両中心近くに配置。

軽量化やセダンとして理想的な重心高、前後重量配分にするため、アルミ部材の採用が欠かせないとしています。また、ボディはねじり剛性向上などの高剛性化により、優れた操舵応答性、操縦安定性を実現しているそう。

安全装備では、「Lexus Safety System +」でパッケージ化されたプリクラッシュセーフティやレーンディパーチャーアラート、レーダークルーズコントロールといった各機能の性能を向上。先進の予防安全技術や高度運転支援技術「Lexus CoDrive」をパッケージ化しています。

「Lexus CoDrive」は、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシストの基本機能に、レーンチェンジアシストを加えた3機能を連携させ、高速道路などでドライバーの運転意図と調和した操舵支援や、レーンチェンジの運転支援などを行う自動運転技術。

カーブが多い山道や渋滞時でもシームレスな運転支援により、ドライバーの運転負荷を大幅に低減することが可能としていて、大型ヘッドアップディスプレイやマルチインフォメーションディスプレイなどと連携し、ドライバーに支援状況を分かりやすく通知するそう。

また、プリクラッシュセーフティ(PCS)には新機能が盛り込まれています。警報やブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を支援する従来のPCSに加え、大型カラーヘッドアップディスプレイに歩行者の存在する方向を表示する世界初の機能を搭載し、直感的な歩行者注意喚起が可能になっています。

さらに、ブレーキ制御に加え自動で操舵を制御するアクティブ操舵回避支援が用意されます。このアクティブ操舵回避支援は、歩行者やガードレールのような連続した構造物と衝突する可能性が高い場合に作動します。

作動条件は、ブレーキ制御だけでは衝突回避が困難で、かつ操舵制御によって回避ができるとシステムが判断した場合に、警報とブレーキ制御に加えて、自動で操舵制御も行うことで、衝突回避あるいは衝突被害の軽減を支援するもの。

ほかにもまさに見どころ満載となっている新型レクサスLS。価格は3.5L V型6気筒ツインターボのレクサスLS500が9,800,000円〜15,400,000円。3.5L V型6気筒搭載のハイブリッドが11,200,000円〜16,800,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】新型レクサスLS発表。世界初の安全装備などを搭載して価格は980万円〜1680万円(http://clicccar.com/2017/10/19/522457/)