順調な時こそ必要!? 「彼と距離をおきたいタイミング」&3つのメリット

写真拡大

交際中のカップルが距離をおくことを選ぶと、マイナスに捉えられがちです。ですが、実はあえて距離をおくほうが、お互いにとってプラスに働くこともあるそう!

誰もが一度は訪れる!? 「恋愛倦怠期」のNG行動と正しい乗り越え方

そこで今回は、恋愛・夫婦力向上アドバイザーのコマツマヨさんに、カップルが距離をおくといい理由や適切なタイミングについてうかがいました。

カップルが距離をおくことで得られるメリット3つ

距離をおくと、別れにつながったり、せっかくのいい雰囲気を壊してしまうのではないかと尻込みしてしまう女性は多いのではないでしょうか。

ですが、距離をおくことで「冷静に彼との交際に向き合える」とコマツさんは言います。

1. ビジネスライクで見られるようになる

コマツさん曰く「恋愛はビジネスライクでいくと、うまくいきます」とのこと。女性はどうしても感情的に男性と話してしまうため、実は彼が話を聞き流していることもあるのです。

距離をおくことで、感情的に見ていた自身の恋愛を俯瞰して見られるようになり、男性脳的な“ビジネスライク”で分析できるようになるのだとか。

一度、男性脳的な見方をインプットしておけば、今後の交際でも活かすことができるのです。

2. 「ここぞ!」というポイントを見極められるようになる

「1つ覚えておいてほしいのが、距離をおくことを逃げに使わないでほしいということ」と、コマツさん。あくまで彼との関係がマンネリ化しているというマイナスな状況から、プラスに変えるための選択と覚えておきましょう。

それを分かった上で距離をおくようにすると、お互いの状況をよく観察できるようになり、「ここぞ!」というポイントを見極められるようになるのだそう。

コマツさんによれば「ずっと一緒にいるためには、変化を起こすことが大事です。それぞれがお互いのことを考えない時間を作ることは、喧嘩や不安を防ぐことにつながるます」とのこと。

「そのため、お互いの時間をそれぞれ使うために、距離をおくのです。これをしておくと、『ああ、今なんかマンネリ化してる?』だったり、『今は彼のために1人になる時間を作ってあげた方がいいのかも』だったり、お互いの状態を、敏感に汲み取る意識を常に持つことができるようになります」と、コマツさん。

彼との結婚を考えている場合は、そういった経験をしていないとどちらかが我慢してしまう状況になりかねません。交際中から距離をおくようにすることで、結婚後の火種を防ぐことにもつながるのです。

3. お互いのリラックスタイムになる

何事も長く続けていると、パターン化してしまったり、上手く力を抜けなくなったりしてしまうもの。コマツさんによれば「距離をおくことで、非日常を味わうことにつながりますし、息抜きには最適です」とのこと。

どれだけ付き合いが長いといっても、彼とは他人同士。少なからず気を使っている部分はあるでしょうし、自分をちょっと解放してあげるためと考えてみるのもいいかもしれません。

“ゆるく”距離をおく意識を!

「順調なときこそ、あえて距離をおきましょう。自分の時間を大切に過ごすとともに、お互いが上手くいくためにはどうしたらいいかを考えるタイミングにしてみては?」と、コマツさん。

短くても2〜3日、長くても1週間程度がオススメです。連絡をとらないなど、細かいルールや制限は設けずに、ゆるく距離をおいてみてはどうでしょうか。

マンネリ化している時は、向き合う時

マンネリ化している時は距離をおくのではなく、とことん彼と向き合うタイミングと心得た方がいいでしょう。コマツさん曰く、「マンネリの時に距離をおくのはNGです。自ら負け戦に挑むようなもの」。

しっかり彼と向き合い、お互いに「なぜマンネリ化しているのか」「どうしたら解決できるか」を話し合うことが大切です。「お互いが本気で“これじゃダメ!”と自覚し、行動すべきタイミングと思ってください」と、コマツさん。

きちんと逃げずに、向き合いましょう。勢いで結婚……というのは、失敗する確率が高くなりますからやめた方が身のためですよ。

「彼と距離をおく=別れる」ではありません(そうなってしまうカップルもいますが)。お互いに前向きに距離をおくことができれば、今まで以上に絆を深めることにもつながります。

ちょっと勇気を持って、パートナーに提案してみてはいかがでしょうか?

■取材協力:コマツマヨ
恋愛・夫婦力向上アドバイザー/ライター。焼酎バーの店長、ウエディンググッズデザインメーカーでの経験や姉御肌な性格を活かして、恋愛・夫婦間の問題に悩む女性向けにコラムを多数執筆。

また、洋菓子メーカーの広報主任だったことも活かして、企業ホームページライティング、社内報インタビュー、東京23区の広報誌も手がけている。