ロシアの21歳メドベデフ、「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」出場へチャンス増大

写真拡大

ATP公式サイトは、ロシアの21歳ダニール・メドべデフ(ロシア)が、18日にモスクワで開催されている「クレムリン・カップ」1回戦で勝利を収め、11月7日から11日にかけて開催される第1回「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」出場権獲得の可能性を高めた。と報じた。

21歳で右利きのメドベデフは16本のエースを放ち、11本のブレークポイントの内8本をセーブして、同じロシア出身のアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)を6-4、2-6、7-6 (6) で下した。「友達と試合をするのはいつもきついし、勝つのがいつも申し訳ない気持ちになる」とメドベデフは語った。

モスクワ生まれのメドベデフは、「エミレーツATPレース・トゥ・ミラノ」で8位につけている。上位7人が、第1回目となるこの大会への出場権を獲得し、8番目の出場権は、イタリアの21歳以下のトーナメント優勝者に与えられる。

メドベデフはレース・トゥ・ミラノで747ポイント獲得しており、19日の「ストックホルム・オープン」で第2シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)と対戦予定の、レース・トゥ・ミラノ7位チョン・ヒョン(韓国)を、わずか13ポイント差で追っている。メドベデフは次の試合で、「Nitto ATPファイナル」出場を目指す第1シードのパブロ・パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)と対戦する。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」出場を目指すメドべデフ。(「上海ロレックス・マスターズ」出場時のもの)
(Photo by Kevin Lee/Getty Images)