OCW-G2000G

写真拡大

 カシオ計算機は、電波ソーラー腕時計「OCEANUS(オシアナス)」から、Bluetooth・GPSを搭載し、ブランドカラーのブルーを美しく表現した新モデル「OCW-G2000G」を10月6日に発売した。税別価格は23万円。

 ブルーのサファイアガラスベゼルを採用し、オシアナスのブランドカラーを鮮やかに創出。ブルーのスパッタリングを施した4時側ディスクとともに、上質で傷が付きにくい両面無反射コーティングをした透明度99%のサファイアガラスベゼルにブルー蒸着させたことで、ブランドカラーを美しく表現した。時字は、立体的なバーインデックスによって見やすさを高め、同時に高い質感を実現。さらに、熟練の技を要するザラツ研磨など、細部に至るまで上質な仕上げを施した。

 テクノロジー面では、GPS衛星電波と標準電波受信機能による時計単体での時刻修正に加え、省電力のタフソーラーの仕組みとBluetoothを利用したスマートフォンリンクによる時刻修正機能を搭載。世界中のあらゆる場所で正確な時刻を取得できる。

 スマートフォンリンク機能によって、簡単に約300都市のワールドタイムの時刻設定が可能で、タイムゾーンやサマータイムの変更・更新に随時対応できるほか、スマホで時計の電池残量の確認や針位置補正も可能。アナログ時計本来の性能も進化し、JIS1種耐磁性能を備える。