筋トレをするメリットとは?

長生きにつながる!

筋肉は使わなければどんどん衰えてしまいます。筋肉は使うことで発達していくものだからです。
高齢になった犬や、運動不足の犬はあまり動かないため体を支えることが少なく、筋肉が減り衰えてしまいます。

体を支えることが少ないと筋肉が減り、筋肉が減ると体を支えることができなくなるといった悪循環に陥ってしまいます。
単に長生きするだけではなく、健康的でいられるかどうかというのは筋肉量にも影響されるでしょう。

老化防止の効果

犬も人間と同じように年齢を重ねると、外見にそれほど変化がなくても体力的には衰えていきます。
散歩を嫌がったり、階段の昇り降りに時間がかかるようになったり、シニア犬になるとこういった行動がみられるようになります。
無理に運動させるのは良くありませんが、多少の運動はする必要があります。
犬が動きたがらない状態をそのままにして、動かないでいると筋肉量はどんどん減っていきます。最終的には立ち上がることもままならなくなることもあります。
筋トレをすることで筋肉量の低下をおさえ、自分で動ける時間を少しでも増やすことができます。
また、筋トレをする際の飼い主さんとのコミュニケーションでは頭も使うため、犬の認知症予防にもなります。
体調や体力、病気の有無などがあると思いますので無理に長時間やる必要はありませんが、毎日少しずつ筋トレを行うことが老化防止につながります。

適切な筋トレの方法

おすわり&ふせの繰り返しの筋トレ

おすわりの姿勢からゆっくりと立つことで足の筋肉の筋トレに効果的です。
犬が立っている状態で鼻先におやつを近づけて待てをしたまま近づけていきます。
立つ、座る、立つ、座るを繰り返します。
また、おすわりをさせた状態でふせの体勢にすると足腰を鍛えることができます。
おやつは何回か繰り返したあとにあげると良いでしょう。

首振り筋トレ

首の周りの筋肉はとても大事な部分です。
まずは犬を座らせます。そしておやつを取り出し、高い位置におやつを持ち上げます。
そうすると犬はそれを下から見上げる形になります。その手を下に下げたり横に動かしたりすることで犬の首も一緒に動くように意識してください。
こうやって動かすことで首の筋肉を鍛えることができます。

坂道の散歩で筋トレ

平坦な道よりも坂道のほうが犬には筋トレの効果があります。
足をふんばったりすることで足腰に適度な負担がかかり鍛えることができます。
ただしあまりにも急な坂道だと負担が大きすぎるので、まずはゆるやかな坂道からスタートしましょう。

お手を繰り返しさせる筋トレ

おやつを用意して犬にお手をさせてみましょう。
片足だけあげますよね?残りの足はバランスを保つようにしているため、足や腰の筋肉を使うことになります。
これが筋肉アップにつながります。

マッサージ

足を伸ばしたり曲げたりしてマッサージをしてあげましょう。
飼い主さんが関節を動かしてあげるだけでも多少のトレーニングにはなります。
とくに寝たきりであったり、座ったり立ったりすることが難しい子にオススメです。

注意点

基本的な注意点

基本的には心臓や呼吸器、関節に疾患がなく、健康な状態の犬に、無理のない範囲で筋トレをさせてください。
そして犬が嫌がっている時には無理に行わないようにしましょう。
犬の健康状態や気分などをよく観察してから行うようにしてください。
無理をさせてしまうと健康どころか怪我をする可能性もあります。
関節が弱いなどの体に問題を抱えている犬の場合は、まず獣医さんに相談してからにしましょう。

肥満犬の場合

肥満犬は筋トレを行う前に、まずは痩せることが先です。
そうしないと心臓や関節に負担が大きく、危険であるためです。
体重の減少と一緒に筋肉が減ってしまっては骨折や関節痛、ヘルニアの原因になるため、体重と一緒に筋肉がおちていないかも注意して見てあげましょう。

老犬の場合

歳をとって身体の機能が低下している犬にとって筋トレは結構な負担です。
マットを敷いて滑らないようにしたり、段差には階段をつけたり、万全な体制で行う必要があります。
やりすぎてはよくないので、犬の状態を見て適度に休憩をいれたり中断したりしましょう。

まとめ

犬の筋肉は衰えるのも早いですが、回復するのも早いです。
筋肉を増やすだけではなく、維持するというのも大事なことなので筋トレを習慣化させていきましょう。
健康になるためのトレーニングなので、ちょっと様子がおかしいな、何か変だな、という場合にはやめて獣医さんに相談してみてください。病気や怪我の可能性もあります。
もし獣医さんに筋トレを止められたのであればきちんと従って下さい。
犬によってできるできない、好き嫌い、といった差はあるのでその子に合わせたトレーニングを選択していってください。
健康で長生きできるように、適度な筋トレを続けていきましょう。