韓国の航空会社から有名人や政府要人の搭乗情報が横流しされている疑いがある。資料写真。

写真拡大

2017年10月18日、韓国の航空会社から有名人や政府要人の搭乗情報が横流しされている疑いがある。環球網が伝えた。

韓国のJTBCテレビの番組「ニュースルーム」によると、あるツイッターアカウントに芸能人や政治家、議員、あるいは特定の人物の搭乗する旅客機の便名が知りたいと連絡を取ると、1時間以内に知らせてくれる。その料金はわずか3万ウォン(約3000円)。2万ウォン(約2000円)追加すれば座席番号まで教えてくれるという。

航空会社ではそうした情報は容易に入手できることから、情報を横流ししているのは航空会社の関係者ではないかとみられている。

安圭佰(アン・ギュベク)議員は15日、実際に5万ウォン支払って、イランへ向かう金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通相の搭乗情報を入手したと明かした。テロなどに悪用される恐れもあるとして、早急に調査する必要があると指摘している。(翻訳・編集/岡田)