いつしか世界共通語になってしまった「KAROSHI(過労死)」を生み出した日本がランクインしないのは納得。ここで紹介するのは、「Zipjet」が公表した世界で最もストレスの低い都市TOP20。失業率、渋滞、安全性、公害、人口密度などの要素をもとに算出されたもの。

個人的には、日本人のように几帳面で勤勉な人が多いと思っていた、ある国の都市が1位になっていたことが意外だった…!

上位はヨーロッパの国ばかり

1位:シュトゥットガルト(ドイツ)
2位:ルクセンブルク(ルクセンブルク)
3位:ハノーファー(ドイツ)
4位:ベルン(スイス)
5位:ミュンヘン(ドイツ)


6位:ボルドー(フランス)
7位:エジンバラ(イギリス)
8位:シドニー(オーストラリア)
9位:ハンブルク(ドイツ)
10位:グラーツ(オーストリア)


11位:チューリッヒ(スイス)
12位:シアトル(アメリカ)
13位:ウェリントン(ニュージーランド)
14位:ニーチェ(フランス)
15位:ドレスデン(ドイツ)


16位:オスロ(ノルウェー)
17位:オークランド(ニュージーランド)
18位:ヘルシンキ(フィンランド)
19位:アブダビ(UAE)
20位:メルボルン(オーストラリア)

ちなみに、大阪は66位、東京は72位。いつかTOP20に、日本の都市が連なる時がくるといいな。

Licensed material used with permission by Zipjet