浦和レッズ【写真:Getty Images】

写真拡大

 浦和レッズは、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝で「今年アジアで最も印象的なチーム」と対戦する。『FOXスポーツ・アジア』が伝えた。

 18日、浦和はACL準決勝セカンドレグで中国の上海上港にホームで1-0の勝利を収めた。この結果、2試合合計スコア2-1で決勝進出を決めている。

 決勝戦で対戦するのが、サウジアラビアのアル・ヒラルだ。同メディアは、浦和とアル・ヒラルが対照的だと指摘している。

 アル・ヒラルはグループステージ6試合で3勝3分け。決勝トーナメントの6試合で4勝2分けという戦績で、12試合負けていない。準決勝ではイランのペルセポリスに2試合合計6-2で大勝した。一方の浦和は、グループステージが4勝2敗、決勝トーナメントでは3勝1分け2敗となっている。どのラウンドも接戦続きで12試合中3分の1が黒星だ。

 『FOXスポーツ』は、厳しい対戦を勝ち上がってきた浦和と、無敗のまま決勝に進んだ「今年アジアで最も印象的な」アル・ヒラルのファイナルだとしている。

 さらに同メディアは、横浜マリノスで1995年に現役を引退したアル・ヒラルのラモン・ディアス監督にとっても特別な試合だと伝えた。

 ACL決勝は、11月18日と同25日に開催される。

text by 編集部