仮想通貨ビットコインの硬貨、米首都ワシントンにて(2014年6月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】イタリアの競売会社サンタゴスティーノ(Sant'Agostino)は18日、仮想通貨「ビットコイン(Bitcoin)」で支払いが可能なオークションを来週開催すると発表した。同社によると世界初の試みだという。

 今回競売に掛けられるのは家具を中心とした国内外の600点で、「ビットコインが支払い方法として認められる」という。来月末に開催される絵画や宝飾品、時計などのオークションでも、ビットコイン支払いが認められるという。

 ビットコインは国や中央銀行、財務当局が発行に関わっていないため一般的に正式な通貨として認められてはいないが、国際的には使用頻度が高まっている。

 ビットコインはブロックチェーンと呼ばれる技術を利用して取り引きが行われる代表的な仮想通貨で、2009年に誕生してから相場は飛躍的な上昇を見せている。今年初めに1ビットコイン=966ドル(約11万円)だった価格は先週、初めて5000ドル(約57万円)を突破した。
【翻訳編集】AFPBB News