画像提供:マイナビニュース

写真拡大

モトローラ・モビリティ・ジャパンは19日、Androidスマートフォン「Moto G5S」を国内発表した。20日から販売開始する。直販価格は税別28,800円。ルナグレー、ファインゴールド、オックスフォードブルーの3色を用意する。

2017年3月に国内投入された第5世代Moto Gシリーズ「Moto G5」の後継機。プロセッサ(Snapdragon 430)はそのままに、画面サイズやカメラ機能、バッテリ容量などを強化した。通信面ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3キャリア全ての通信バンドに対応している。

外装はオールメタルのユニボディ。画面サイズは従来の5インチから5.2インチに拡大している。メインカメラは従来の1,300万画素から1,600万画素(F値2.0)に強化され、フロントカメラには新たにLEDフラッシュを搭載。2つのSIMを同時待ち受け状態で使えるDSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)も継続搭載した。主な仕様は下記の通り。

OS: Android 7.1.1

CPU: Qualcomm Snapdragon 430(1.4GHz×4、1.1GHz×4)

内蔵メモリ: 3GB

ストレージ: 32GB

外部ストレージ: microSD(最大128GB。SIMスロット排他)

サイズ: W73.5×D8.24(最薄部)×H150.0mm

重量: 約157g

ディスプレイ: 5.2インチ

ディスプレイ解像度: 1,920×1,080ピクセル

メインカメラ: 1,600万画素

サブカメラ: 500万画素(広角85度)

バッテリー容量: 3,000mAh

4G: B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B20/B26/B28/B38/B40/B41

3G:B1/B2/B5/B8/B19(B6含む)

GSM: 850/900/1800/1900MHz

Wi-Fi: IEEE802.11a/b/g/n

Bluetooth: 4.2

指紋認証センサー: 搭載

カラーバリエーション: ルナグレー/ファインゴールド/オックスフォードブルー