ギンザシックス(画像/著者提供)

写真拡大

多くの神社は「氏子」と呼ばれる地域に定住する人々に支えられている。そのため地域に人がいなければ、神社は成り立たない。だが、人がわずかしか住んでいない「銀座」で、近年神社が増え続けている。今年オープンしたGINZA SIX(ギンザシックス)の屋上庭園にも神社がある。なぜ銀座で神社が増え続けているのか。宗教社会学者の岡本亮輔氏が読み解く――。

■ギンザシックスに鎮座する神

今年4月、GINZA SIX(ギンザシックス)がオープンした。松坂屋銀座店の跡地を中心とする大規模な再開発だ。クリスチャン・ディオールやイヴ・サンローランといったハイブランドをはじめ、蔦屋書店など流行の先端をいく店舗が数多く入っている。その13階には4000平方メートルの屋上庭園がある。白いパラソルが並び、休日ともなれば、昼間からワインやシャンパンを飲む人もいる。

この庭園に神社があることはご存じだろうか。なぜこんなところに神社があるのか。実は、銀座と神社には深い縁があるのだ。

銀座の街には無数の飲食店や商店がひしめく。店舗の多さや居並ぶ店のレベルの高さから広い街のように感じられることもあるが、1丁目から8丁目まで合わせても、1平方キロメートルにも満たない。

江戸時代、この場所に銀貨鋳造所・両替所(=銀座)があった。そのため、正式名称は新両替町であったが、一般には銀座と呼ばれた。その後、不正事件が生じて銀座員全員が職を解かれ、鋳造所・両替所は移転。通称だけが残ったのである。

■近代化を象徴する街に根付いた業種

維新後、築地の外国人居留地や隣接する新橋駅との立地関係から、銀座はすぐに明治日本を象徴する地域になった。日本の近代化を形として示すため、国策で銀座はレンガ造りの街並みに改造された。その名残は、現在ビームスやシップスのある「銀座レンガ通り」にそのまま残されているし、ハヤシライス発祥とされる「銀座 煉瓦亭」もその名を冠している。

とはいえ、レンガ造りの建物は当時の人々には奇妙に映り、「レンガ造りの家に住むと水ぶくれになって死ぬ」といった噂も流れた。そんなこともあり、銀座に根づいたのは、そうした迷信を気にしない輸入物を扱う商店や新聞社といった近代的な業種であった。銀座商店の象徴ともいえる時計店「天賞堂」や「服部時計店(現在の和光本店)」が店を構えたのも1880年前後だ。現在もドラマ撮影などによく使われる奥野ビルは1930年代の建築だが、レンガ街としての銀座イメージを伝える建物といっていいだろう。設計は同潤会建築部長も務めた川元良一によるもので、かつては銀座屈指の高級アパートだった。

このように、銀座には農村や住宅地としての過去がほとんどない。それでも20世紀初頭には2万7000人ほどの住民がいたが、近年では3000人程度だ。この数字がどこまで実態を反映しているのかもわからない。一方、昼間人口は10万人を超えている 。

こうした人の住まない街の文化を早くから取り上げたのが、宗教学者の石井研士だ。『銀座の神々 都市に溶け込む宗教』(新曜社/1994年)は、その名の通り、銀座にある神社に注目した著作である。従来、近代と宗教は対立するものと考えられてきた。近代化が進めば、人々の生活や思考も合理化され、宗教のような不合理とは手を切るものと予想されていた。

しかし石井は、東京では近代化と宗教が共存していることに有楽町駅前で気づく。

----------

私が第一に〈驚いた〉のは、有楽町駅のすぐ前に、明らかにビル建築を契機に整備された小祠が残っていたからではない。そうではなくて、ビル建築によって整備された小祠が、あまりに自然に周囲のビル化された景観にマッチし、行き交うサラリーマンで混雑する有楽町駅周辺の光景にすっかり溶け込んで見えたからである。(『銀座の神々』)

----------

石井が見た有楽稲荷神社は、1859年、摂津高槻藩主・永井飛騨守が屋敷内に設けたのが始まりだ。明治維新の際に荒廃したが、1908年、有楽町変電所が設置された際、社殿が整備された。昭和になって有楽町電気ビルが新築された時、一時的に赤坂に移されたが、1979年、再び有楽町に戻っている。

この来歴から分かるように、有楽稲荷は、偶然、同地に残されたわけではない。周辺が次々と開発される中、神社の領分が守られてきたのだ。その結果、有楽町駅、電気ビル、ザ・ペニンシュラ東京、ニッポン放送などに囲まれて街に溶け込んでいる。現在、稲荷の目の前には英国ヴィクトリア朝風がテーマのパブがある。

■屋上の本殿を土詰めたパイプで地面につなぐ

そして、銀座には、さらに多くの神社がある。毎年秋、銀座の恒例イベント「オータムギンザ」の期間には、「銀座八丁めぐり」(http://www.ginza.jp/topics/8752)という巡礼イベントも行われている(今年は11月1〜3日)。銀座八丁神社めぐりは、1973年、銀座の町会・商店街組織・業種業態組合からなる全銀座会が始めた。もちろん、巡礼地となる社は、イベント化するはるか以前から存在している。年によって多少変わることがあるが、今年は以下の通りだ。

(1)幸(さいわい)稲荷神社(並木通り1丁目)
(2)銀座稲荷神社(銀座ガス灯通り2丁目)
(3)龍光不動尊(松屋銀座屋上)
(4)朝日稲荷神社(大広朝日ビル)
(5)宝童稲荷神社(天賞堂裏の路地)
(6)銀座出世地蔵尊(銀座三越9階)
(7)歌舞伎稲荷神社(歌舞伎座正面・右側)
(8)あづま稲荷神社(あづま通り)
(9)かく護(かくご)稲荷神社(ギンザシックス屋上)
(10)成功稲荷神社(資生堂銀座ビル 1F)
(11)豊岩稲荷神社(おでん屋「やす幸」脇の路地)

一見して稲荷が9つも含まれていることに気づくだろう。稲荷は商売や家運向上に効く神とされる。商業神・産業神が大勢を占めるのは、いかにも人の住まない銀座らしい構成だ。

朝日稲荷は独特の建築で知られている。同社の始まりは定かでないが、安政大地震(1855年)の際、当時、銀座の街を囲んでいた三十間堀に埋まってしまった。だが、関東大震災で川底が隆起して再び地上に姿を現したという。そして1983年、隣の建物と共同ビルを建築することになり、本殿がビル屋上に移設されたのである。

ビルの1〜2階は吹き抜けになっており、そこに拝殿が設けられている。拝殿と屋上の本殿は、土の詰まったパイプでつながれており、本殿も地面に接していることになっている。さらに1階の拝殿にはマイクが付けられ、それで集音した参拝者の祈りが屋上の本殿脇のスピーカーから流れる仕組みをとっているのである。

 

銀座の神社の多くが社縁や商縁を基盤とする点は興味深い。成功稲荷は普段は資生堂のビルの屋上に祀られており、銀座八丁神社めぐりの時だけ一般公開される企業神だ。石井の推測によれば、成功稲荷は1927年に奉安されているが、きっかけは同年3月から発生した金融恐慌による業績悪化ではないかという。

そして、現在ギンザシックスの屋上にあるかく護(かくご)稲荷が、旧松坂屋銀座店の屋上に祀られたのも1929年だ。由緒によれば、1815年、松坂屋を創業した伊藤家が伏見稲荷を現在の荒川区東日暮里に勧請(かんじょう)した。松坂屋屋上の祠は、ここからさらに分祀されたものだ。当時、松坂屋は何度か火事にあっており、そのためかかく護稲荷は火伏せの神とされる。そして、松坂屋銀座店がギンザシックスとなった後も、かく護稲荷は引き継がれたのである。

銀座の神々は今も増え続けている。6丁目を歩けば、「銀座恋神社」の立て看板が目に入る。少子高齢化・核家族化・恋愛離れを憂慮して、千葉市花見川区の検見川神社を勧請してイザナミを祀ったものだ。神社はビル内にあり、極小の境内には検見川神社の神水が流れる水琴窟も設けられている。神社のすぐ横には、同社を管理する「恋愛カフェ」の扉がある。

すずらん通りに面するギンザコマツ西館の屋上には天空神社がある。同社は、奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社を勧請したものだ。大神神社の特徴は、いわゆる本殿が存在しないことだ。拝殿の奥には特徴的な三ツ鳥居があり、その先には三輪山が控えている。山そのものを御神体として崇拝する古い形の神道が残されているのだ。

なぜ、奈良の神が銀座に招かれたのか。きっかけは小松ストアーの社長が、ある展示会で、大神神社の砂を使って成功祈願するアーティストを見かけたことだ。当時、周囲や自身に不幸が続いたこともあり、社長は大神神社に強い関心を持ち、通うようになる。その後まずは社長室に勧請され、2010年のビルのリニューアル時、屋上庭園に天空神社として遷されたのだ。コム・デ・ギャルソンやパリ発のベーカリーカフェが入るビルの屋上に、独特の三ツ鳥居を備えた古い神が鎮まる様子は極端に対照的で面白い。

■人々が神を選ぶ、近代と宗教の形

路面であれ屋内であれ、銀座では、神社のある空間を店舗や施設として運営すれば、途方もない収益をあげられる。4丁目の山野楽器本店は、今年3月の公示地価では1平方メートルあたり5050万円と過去最高を記録し、11年連続で全国1位となった。さらに、2〜4位も銀座が占めている。経済的に見れば、銀座の神社は、どんなに小さいものであれ、膨大なコストを費やして祀られているのである。

銀座の神々の活況は、神社に起きている根本的な変化を示唆している。これまで神社を支えてきたのは、氏子と呼ばれる地域に定住する人々だ。彼らにとって、神社は祭神やご利益で選ぶものではなく、その地域に生まれ落ちた時から帰属するものだ。神社は単なる信仰対象ではなく、地域共同体の象徴的な核だったのである。しかし、少子化・高齢化・都市化は、こうした地域のあり方を根本から掘り崩しつつある。

その点、銀座はそもそも人が住まない街であり、地縁・血縁に基づく共同体生活の痕跡をほとんど持たない。商売に携わる人々が自らの嗜好や必要に合わせて神々を呼び寄せる。そして、街を通り過ぎる大量の人々が、やはり自分に合わせて神々を選び取って祈る。銀座では、近代と宗教は対立していないだけでなく、むしろ新たな共存の形を見せつつあるのだ。

(北海道大学大学院 准教授 岡本 亮輔)