子供の頃に忍者に憧れていた、そして今現在もなお、憧れ続けているという皆さんに朗報が。2017年10月22日、東京都港区の「増上寺」で「甲賀流忍者検定」が開催されますよ。

甲賀市観光協会が主催するこの検定は甲賀流忍者の知識を競うもので、今回が10回目の開催。東京で行われるのはこれが初めてなんですって。

【甲賀忍者ってなあに?】

そもそも甲賀忍者とは、戦国時代の「本能寺の変」のとき、伊賀忍者とともに徳川家康を大阪から三河(愛知県)へと導いたといわれている存在。会場の増上寺は、徳川将軍家とのゆかりが深い場所です。

こんな背景を知ると、忍者好きはもちろん歴史好きも、胸の疼きが止まらなくなるはず。場所を知って検定を受けてみたい! と思い始めた人も、少なくなかったりして……。

【検定の内容は?】

筆記試験の制限時間は30分で、4択50問、60点以上が合格になるそう。これだけでなく、忍者コスプレや手裏剣投げも審査の対象となるそうで、最大10点を加算できるチャンスがあるんですって。

【忍者ショーは受験しなくても観られるよ◎】

そのほか会場では、甲賀忍者の末裔(まつえい)と若手研究者が忍者の実像について語るトークショーが行われたり、伝統忍者集団「黒党(くろんど)」による忍者ショーが開催されたりと、内容盛りだくさん。足を運ぶだけで楽しめそうな予感がします。
ちなみに忍者ショーは11時と12時の2回公演で、それぞれ30分程度で、受験者以外も観覧することができるそう。フラッと立ち寄ってみるのもいいかもしれません♪

【注:事前申し込み必須です!】

今回の検定で行われるのは初級のみで、午前9時より受付開始。先着200人限定、受験参加年齢は小学生5年生以上で、国籍は不問とのことです。

申し込みはウェブページから専用の申込用紙をダウンロードして、必要事項を記載。受検・各種料金は事前支払いのみで、当日の支払いは受け付けないとのこと。そのほか詳細もウェブページに掲載されています。

「甲賀流忍者 初級」を名乗りたいというあなたは、勇気を出して参加してみてくださ〜いっ!

参照元:プレスリリース、甲賀市観光ガイド
執筆=田端あんじ (c)Pouch

画像をもっと見る