@AUTOCAR

写真拡大 (全5枚)

もくじ

ー新型スーパーカブ50発表
ースーパーカブ50/スーパーカブ110 主な特徴
ースーパーカブ50主要スペック 各モデルの価格は?

新型スーパーカブ50発表

ホンダは、「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」、大型フロントバスケットとリアキャリアを標準装備した「スーパーカブ50プロ/同110プロ」をモデルチェンジした。

生産拠点を中国から日本の熊本製作所に移管して、11月10日に発売するという。

「スーパーカブ50」「スーパーカブ110」は、レッグシールドからリアフェンダーにつながる滑らかな曲面で構成する外観に一新。また、ボディ両サイドに使い勝手を高める取り外し可能なサイドカバーを採用したほか、長寿命なLEDを丸形のヘッドライトに組み込むことで、コンパクトなハンドルまわりを実現。


「スーパーカブ50プロ/同110プロ」は新聞配達や宅配用途で求められる取り回しの良さと優れた積載性を備えたビジネスモデルとして、「スーパーカブ50/110」をベースに開発。小径14インチタイヤの採用や、積載装備を搭載するなど、配送業務に適応したモデルとしている。

スーパーカブシリーズは、1958年8月に初代モデル「スーパーカブC100」を発売して以来、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載。乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームや、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用などで、幅広い層に愛用されているロングセラーモデルだ。
 

スーパーカブ50/スーパーカブ110 主な特徴


・低フリクション技術を採用した空冷4ストローク単気筒エンジン
・タフネス性/低フリクションを追求したピストン/シリンダー
・新たに交換式オイルフィルターを追加
・ドレンボルト部にスクリーンフィルター配置
・オイルレベルゲージは挿入ガイド部を設けた形状に変更
・シフトドラムの回転軸をニードルベアリングで支持
(滑らかで軽く、節度のある変速フィーリングに)
・2段キャタライザー式マフラーで平成28年排出ガス規制対応


・右サイドカバー内側にECUなどを配置 メンテナンス性向上
・左サイドカバー内側に収納スペース
・丸形ヘッドライトに長寿命なLED採用
・アンバー色のウインカーレンズ採用
・メーターパネルを視認性の高いデザインに変更
・被視認性を高めた、丸みのある縦長テールランプ
・シートのウレタン素材と底板形状を最適化
 

スーパーカブ50主要スペック 各モデルの価格は?

全長✕全幅✕全高:1860✕695✕1040mm
ホイールベース:1210m
車両重量:96kg
エンジン:AA04E空冷4ストロークOHC単気筒
排気量:49cc
最高出力:3.7ps/7500rpm
最大トルク:0.39kg-m/5500rpm
燃費:105.0lm/ℓ(国土交通省届出値 定地燃費値)


価格は、下記の通り。
スーパーカブ50:232,200円
スーパーカブ110:275,400円
スーパーカブ50プロ:253,800円
スーパーカブ110プロ:297,000円