ミャンマーの最大都市ヤンゴンで外国人観光客に人気のカンドージーパレスホテルで発生した火災現場で、消火活動に当たる消防隊員(2017年10月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(更新)ミャンマーの最大都市ヤンゴン(Yangon)にある外国人観光客に人気のカンドージーパレスホテル(Kandawgyi Palace Hotel)で19日未明、火災が発生し、日本人男性1人が死亡した。

 現地のAFP記者が火災現場からシートに覆われて運び出される遺体を目撃。後に日本人の男性であると特定された。AFPの取材に対し、在ヤンゴンの日本大使館職員は、50代のビジネスマンだと明かしている。

 湖畔に立つこの高級ホテルは、英植民地時代に歴史をさかのぼる木造建築。最も古い部分は1930年代に建てられ、英国軍将校がボートクラブとして使っていた。軍事政権下で財産を築いたことで悪名高いミャンマー人実業家が所有している。

 出火時刻は現地時間19日午前3時(日本時間午前5時半)頃で、消防士が数百人態勢で消火に当たったが、建物は焼け落ちた。

 まだ火がくすぶるがれきのそばで取材に応じた目撃者は、「出火原因は分からない。こんなにも歴史があって美しい建物が完全に破壊されてしまったなんて悲しい」とAFP記者に語った。

 ホテルを所有するトゥー(Htoo)グループは建設、製材からリゾート事業、航空会社まで幅広く手掛けており、創業者のテイ・ザ(Tay Za)氏は、軍事政権との密接なつながりを利用して巨万の富を築いたとして物議を醸している大物実業家だ。

 ホテルの宿泊客はヤンゴン市内の別のホテルに移った。ヤンゴンはミャンマーの民政移管を受けて東南アジアの人気観光地となっている。
【翻訳編集】AFPBB News