ライフスキル脳で、フロー化を手に入れる
連載「人生が変わる、脳2.0」第3回にご登場いただいたのは、スポーツドクターの辻秀一先生。前編では、なぜ運動が続けられないのか、ライフスキル脳を鍛えることがいかに重要かをご紹介しました。後編では実践編として、心のための4大自己ツール、15の思考習慣となるライフスキルを教えていただきます。

フローは万能!

「やりたいことができない、いいとわかっているのに行動に移せない。これらを解決するには、心をフロー化させること。フローには以下のような価値があります。
1.心がフローでいる、そのものの価値2.健康のための機能が高まる価値3.アウトプットのパフォーマンスが向上する価値4.思考のパフォーマンスレベルが向上する価値5.対人関係が向上する価値フローを体験できるようになると、すべてのことに変化が起きます。仕事の効率が上がったり、やる気が溢れてきたり、新しいことにチャレンジしたくなったり。「変わりたい」という今の自分に変化をもたらすのに必要不可欠な心のフロー状態。以下に紹介する方法で、フローを会得していきましょう」

フローになりにくい「ポジティブ思考」

「人間の心は常にフロー(ご機嫌)、ノンフロー(不機嫌)の二つの間で揺れています。これをライフスキル脳を鍛えることでフローに傾けることができるようになると、自分自身が変わってくることを前編でお伝えしました。しかし、フローになりにくいケースがあります。それは『ポジティブ思考(不快対策)』です。ノンフローからフローに切り替えるための方法に、ポジティブ思考を使ってしまうと、とらわれのままになってしまいます。例えば、雨が降ってきたとします。本当は雨が嫌なのに『雨も人の役に立つ』と無理やり思う。でも本当の心はノンフローのまま。フローというのは、無理に持っていくことができません。そこが難しいところです。以下の思考はフロー化ができないので、この方法はオススメしません」1.気にしない思考:気持ちを切り替えるために「気にしない」と思う。気にしないと思っている時点で気になっていて、ノンフローになっています。2.逃げる思考:不快な出来事があると、逃げることで楽な気持ちになりますが、逃げた後悔の念などから本物のフローはやってきません。3.あきらめ思考:結果を求めないのは一見楽観的ですが、自身のパフォーマンスが上がっていないし、一時的な自己満足で終わってしまいます。4.考えない思考:ライフスキルを磨くには、考えることが重要です。頭を使わない癖は適切な行動につながらず、本物のフローを体験できません。5.忘れる思考:「嫌なことは忘れて遊びに行こう!」と蓋をするケース。心の中では忘れていません。今の気持ちに向き合えないとフロー化できないのです。6.耐える思考:耐えることが悪いのではなく、耐えることや我慢することで解決をさせる方法ではフロー化しません。我慢して耐えることがノンフローです。これらの方法では「フロー化」を会得することができません。次の方法で、本当のフローを体感していきましょう。

フローになるための4つの自己ツール
フロー化できるようになるための自分ツールは以下の4つです。 1.言葉 2.表情 3.態度 4.思考 一方、心がノンフローになる外的要因は、 1.環境 2.経験 3.他人 の3つ。 多くの人は、ノンフローな状態に対し、前出の4つのツールに表現しているだけ。(1.言葉)環境に文句を言う、経験に言い訳をする、 (2.表情)嫌な顔をする、 (3.態度)態度に出てしまう、 (4.思考)他人の目が気になる、......など。一方、フロー化4大ツールは、「自分の心のために」使うことが大切となります。

「何か出来事が起きた時、自分をフローに傾けようと思ったら、4つのツールを使います。これを自己ツールによる『フロー選択』と呼んでいます。ノンフローから切り替え、最高のパフォーマンスをアウトプットできる状態に傾けていくのです。なでしこジャパンのW杯優勝にも、このフローの力が働いていました。試合ですから、焦りや不安などのノンフローも当然襲ってきます。予選でイギリスに破れた時、悔しくなかったはずがありません。ところが選手全員が明るかったと言います。「終わったことは気にしない」と蓋をしたわけでもありません。ノンフローからフローの状態に切り替える脳力があったのです。最後のPK戦のとき、選手たちは笑顔でした。大変な緊張の場面で選手全員をフローの状態にするために、表情というツールを使ったのです」

自分がフローになれる言葉、フローになれる表情、フローになれる態度、フローになれる思考は何か、考えてみましょう。あなたが、「ご機嫌」になることは何でしょう? できればそれを、手帳などに書き出してみてください。
瞬時に心をフローに切り替えられるフローワードのリスト

「フローになれる言葉を口に出してみたり、思い出すだけでも心はフローに傾きます。自分の気持ちが上がるものを列挙するだけで構いません。ポイントは、心がノンフローに傾いている時でも、この言葉によって自分の心に変化が起きるかどうかです」例えば●ハワイ●パンケーキ●彼やペットの名前●1等宝くじ●青い空など。いつでもどこでもこの言葉を思い出すと、心がフローに傾く、というフローワードリストを作ってみましょう。できれば20個以上、書き出してみてください。

ライフスキル脳による15の思考習慣

心の状態のマネジメント力をあげ、フロー(ご機嫌)に自分を持っていくためのライフスキル脳。この機能が高まれば自身のパフォーマンスが格段に上がります。 下記の15の力について、考え、書き出してみてください。 ぜひ手帳に書いたり、携帯端末に残すなどして、日々眺めるようにし、毎日一つでもいいので、意識を向けるようにしましょう。普段からどれかの思考を意識して習慣にしてみましょう。1.フローの価値を考える考えるだけでも心に変化が生じ、自分をフローに導く原点になると認識する2.自分の心は自分で決めると考える環境、経験、他人が原因でノンフローになっても、原点は自分だと決める3.感情に気づく力心の状態に脳を向ける習慣を大切にする4.意味づけに気づくノンフローの原因である「認知の意味づけ」に気づき、本来は意味などついていないと考える5.フローワードを考えるフローワードを思い出し、つぶやいてみる6.表情を選択すると考える自分の心がフローになる表情は何か考えてみる7.態度を選択すると考える自分の心がフローになる態度は何か考えてみる8.「今に生きる」と考える過去を引っ張り、未来を案じている自分に気づきリセットする9.「好きを大事にする」と考える好きは絶対で自由、強力にフロー化できる、極めて重要な思考10.「チャレンジする」と考える居心地のいい場所から出られる自分を作る思考の習慣11.イメージすると考える外の世界に影響されず、自由なイメージを考えるようにする12.「一生懸命」を楽しむと考える結果の楽しさではなく、一生懸命を楽しむと考える13.「感謝する」と考える14.「思いやる」と考える15.「応援する」と考えるこれらの思考はエネルギーを与えることで自らがフローになる考え。これをフォワードの法則と呼ぶ。いかがでしたか?覚えることがたくさんあるように見えますが、少しずつでも変わってきます。"気づいて、考えるだけ"で良いので、どこでもできるトレーニングです。自分の機能をベースアップして、思い通りの人生を送りましょう。

Illstration / chao!

辻 秀一(つじ・しゅういち)先生スポーツドクター。1961年生まれ。慶應義塾大学病院内科、同スポーツ医学研究センターを経て株式会社エミネクロス代表取締役。応用スポーツ心理学を基にしたメンタルトレーニングによるパフォーマンス向上が専門。37万部を突破したベストセラー『スラムダンク勝利学』(集英社インターナショナル)や『「第二の脳」の作り方』(祥伝社)など、著書多数。最新著書は、『さよなら、ストレス 誰にでもできる最新「ご機嫌」メソッド』(文藝春秋)。オフィシャルサイトはこちら。