ボストン・セルティックスのゴードン・ヘイワード【写真:Getty Images】

写真拡大

開幕戦でヘイワードが左足首を負傷…骨折で手術が必要、全治は不透明

 2017-18シーズンが開幕したNBAで17日、ショッキングなアクシデントが起きた。今夏にユタ・ジャズからボストン・セルティックスに移籍したオールスター選手のゴードン・ヘイワードが、クリーブランド・キャバリアーズ戦の試合開始5分、パスをキャッチしようとして着地した際に左足首があらぬ方向に曲がり、崩れ落ちた。

 コートに倒れ込み、苦悶の表情を浮かべるヘイワード。試合は一時中断となり、すぐに担架で病院に搬送されたものの、チームメイトのカイリー・アービングらは頭を抱えて言葉を失うなど、重傷であることは明らかだった。米スポーツ専門局「ESPN」によれば、骨折した足首は手術が必要で、全治は現時点で不透明。球団は復帰についてタイムラインを設けない方針だという。

 そんな中、ヘイワードを励まそうと、NBAのみならず、テニスなどスポーツ界にSNSを通じて“心の輪”が広がっている。米紙「フィラデルフィア・スター」は「NBAプレーヤーがセルティックスのゴードン・ヘイワードのためにサポートのメッセージをツイート」と報じ、米テニス専門サイト「ベースライン」は「選手がゴードン・ヘイワードの衝撃的な負傷に反応する」と特集した。

 今季同じくセルティックスに加入したアービングは18日に自身のインスタグラムを更新。「俺たちはいつ、いかなる時も君に目を配っているよ」とチームメイトを思いやった。

テニス界からも反応続々…「お大事に兄弟」「君はさらに素晴らしい選手になる」

 球団OBでNBA史上最多のリーグ優勝11回を誇るレジェンドのビル・ラッセル氏も、「君はセルティックの一員だ。君は決して一人じゃない。我々には緑の血が流れている」と“後輩”へのメッセージをツイッターに投稿。リーグ随一のシューターであるステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)は「強くなって戻って来い!」とエールを送り、オールスター選手のポール・ジョージ(オクラホマシティ・サンダー)も「ゴードン・ヘイワードのために神に祈ろう」とつづった。

 さらにテニス界からは、大のセルティックスファンである世界ランク20位のニック・キリオス(オーストラリア)が反応。「こんなの公平じゃない。お大事に兄弟」とツイッターに投稿すれば、アメリカ出身の同13位ジョン・イスナーも「ゴードン・ヘイワードのために祈ろう。君はさらに素晴らしい選手になって戻ってくる」と続いた。

 ヘイワードも18日(現地19日)の本拠地開幕戦(ミルウォーキー・バックス戦)に病院のベッドの上からビデオメッセージを寄稿。「皆さん、元気ですか? 祈りを捧げてくれた全ての人に感謝を伝えたいです。僕は大丈夫。ホーム開幕戦でコートに立てないのはショックだけど、皆さんの幸運を祈ってここからサポートしています」とファンに想いを伝えた。

 4年総額1億2800万ドル(約143億円)の大型契約でセルティックスに新天地を求めるも、新シーズン初戦で悪夢のようなアクシデントに見舞われたヘイワード。27歳の実力派シューターの一日も早い復帰が待たれる。