犬のトイレは2箇所にしてもいいの?

基本的に犬のトイレは片付けのしやすさなどから1箇所が良いでしょう。
しかし何らかの事情があって2箇所必要な場合もあります。
そういった場合は無理をセず2箇所でできるようにしておきましょう。
複数箇所でやる場合は2箇所または1箇所でできるようにトレーニングしましょう。

ケージの中でしたがらない犬もいる

ケージの中にはベッドや餌のためのお皿、お水などが置かれています。
犬は基本的にキレイ好きな動物なので、寝床や食事とトイレが同じ場所であることに抵抗を示す犬もいます。
そのためそういった犬はケージの中でトイレをするのをギリギリまで我慢してしまうことがあります。
ケージの外に出した途端におしっこやウンチをするので、ケージの外にもトイレを設置してあげたほうが良いでしょう。

隠れてしたい犬もいる

犬にとってトイレ中は弱点を見せていてとても隙がある状態です。
リビングやケージの中にあるトイレではなく、別室や飼い主さんの目の届かない範囲で隠れてやりたがる犬もいます。
そういう犬の場合はケージの中にもトイレは設置しますが、なるべく人目につかない場所にあとひとつトイレを設置してあげると良いでしょう。

トイレの場所を変えなければいけない場合

すでにトイレの場所が決まっているけれど、何らかの事情でトイレの場所を変えなければならない場合というのもありますよね。
赤ちゃんが生まれて部屋を変えた、子どもが大きくなって部屋を変えた、などいろいろな事情があるかと思います。
そんな場合には急に変えるのではなく、予め徐々に変えていくようにしましょう。
新しくトイレにしたい場所にトイレを置き、前の場所にもトイレを置きます。
最初は前の場所のトイレでおしっこやウンチをするかと思います。新しいトイレで用を足したときにいっぱい褒めてあげたり、おやつをあげたりしましょう。
そうすると段々新しいトイレの方で用を足すようになります。
そして最終的には1箇所にまとめてしまいましょう。

トイレの設置のやり方

ケージ内のトイレの設置

コツはトイレのスペースと寝床や食事のスペースを区切って分けてあげることです。
スペースが分かれているケージを用意すると良いですね。
ジョイントパーツで追加してケージを広げられるものもあります。
広めのケージであれば網や結束バンドを使って、簡易的なケージを作っても良いでしょう。
どちらにしてもある程度のスペースが必要となります。
そしてケージ内のトイレトレーニングは声をかけて用を足すように促す方法をとってください。
そうすると出かける際、先にトイレを済ませておきたい場合などに助かります。もちろんそうでなくても構わないのですが、できるだけそういうトレーニングを行って下さい。

ケージ外のトイレの設置

ケージの外にトイレを設置する場合、設置場所は愛犬がよく行く場所やくつろいでいる場所です。
例えば寝室によくいるなら寝室の隅っこにトイレを置く、リビングでくつろいでいるようならリビングの端っこにトイレを置く、と言った感じです。
できるだけ人目に付きにくかったり、家具などでできた死角に設置すると安心して用を足すことができます。
ちゃんとトイレでできた場合は褒めてあげましょう。
ケージ外でのトイレトレーニングはとにかく決められた場所で用を足すことが重要です。

トイレを1箇所にしたい場合のトイレトレーニング

複数箇所でしているトイレを1箇所にしたい場合のトレーニング方法です。
あちらこちらでトイレをされると困ってしまいますよね。
まずは複数のトイレをする可能性のある場所にペットシーツを置きましょう。
トレーニング方法は「褒めて伸ばす」という方法をとりましょう。
犬は色々な場所でトイレをするかと思います。その時に、飼い主さんがしてほしい所でした場合のみ褒めてあげてください。
そうする褒められることをもっとしよう、これは良いことだ、と犬が覚えてくれます。
これを繰り返すことできちんと1箇所でやるようになるので、飼い主さんも犬も根気強くトレーニングを続けることが大切です。

まとめ

犬もわかりやすく、飼い主さんの負担にならないなら2箇所でも良いでしょう。
2箇所でトイレをする場合、それ以外の場所でもやってしまわないか注意してください。
また多頭飼いの場合もできれば1箇所でやるようにしつけると良いでしょう。複数の犬が同じ場所でできると片付けも楽ですね。
しかし違う犬と同じ場所でやりたがらない場合もあるので、そういった場合はトイレを2箇所設置しても良いかと思います。
犬に合わせて臨機応変に対処してあげてください。
2箇所のトイレを1箇所に戻して、また2箇所にするなどを頻繁に行うと犬は混乱してしまうのでできるだけ避けるようにしましょう。
犬のトイレは事情があれば2箇所に置いても良いかと思いますが、できれば1箇所にまとめたほうが良いと思います。