AppleとGEは現地時間10月18日、GEの産業機器向けIoT(Internet of Things)プラットフォーム「Predix」対応のアプリが、iPhoneおよびiPadで利用可能になると発表しました。

産業機器向けアプリがiOSデバイス対応に

Predixは、産業界の設備や機器から最大限の成果を引き出すことを目的とするプラットフォーム、いうなれば産業機器のOSです。Predix上のデータベース機能によって、産業機器が生み出すデータを収集、蓄積、分析し、産業機器の故障を予測し、稼働率を最大にします。
 
AppleとGEの提携により、Predixベースの産業用アプリがiOSデバイス上で利用可能となります。また両社はiOSのためのPredixソフトウェア開発キット(SDK)も発表、デベロッパーはこのツールを利用して、産業用IoTアプリを開発できるようになります。
 
iOS向けのPredix SDKは、米国西海岸時間で10月26日よりダウンロードの形で提供されます。Predix SDKで開発されたアプリにより、産業オペレータは、iPhoneやiPadから、自社装置の性能に関する洞察を得たり、可視化を行なったりすることができるようになります。一例として、風力タービンのような装置に見られる潜在的な問題をiPhoneを手にした作業者に知らせ、遠隔地にいるチームと協力して、その場で検査や修理したり、関連データの収集を支援したりといったことが可能になるとのことです。

GE、社内でのMac、iOSデバイス使用を推進

またGEは今回の提携を機に、iPhoneとiPadを同社のモバイルデバイスの標準とし、全世界で33万人を超える従業員が使用するコンピュータとしてMacを推奨していくことを明らかにしています。
 
Appleは、IBMやアクセンチュアとの提携による企業向けアプリの提供、医療分野への進出、そして今回のGEとの提携による産業用アプリの提供開始と、コンシューマー以外の分野へとビジネスを拡大しています。
 
 
Source:Apple
Photo:Facebook(GE)
(lunatic)