「ケルゾン」のフレグランス キャンドル

写真拡大

 パリ発アロマブランド「ケルゾン(kerzon)」が12月に本格上陸する。これに先立ち、BIOTOPE INC.が手掛けるフレグランスセレクトショップ「ノーズショップ(NOSE SHOP)」では先行販売を行っている。
 「ケルゾン」はピエールとエチエンヌの2人の兄弟が手掛けるアロマブランドで、2013年に設立。デザインから調香、パッケージまで全てフランス国内でハンドメードで製作されている。日本ではバイヤーが現地で買い付ける形で一部の店舗で販売されたこともあるが、日本の代理店をBIOTOPE INC.が担当することにより本格上陸が実現した。
 ノーズショップでは封筒型の香り袋「フレグランスサシェ」(1,500円)や、南仏グラースの⾼品質な⾹料で調⾹したフレグランス キャンドル(5,800円)、ココナッツオイルとオリーブオイルをベースにした食器用洗剤(3,100円)、リキッドソープ(4,500円)、フレグランスミスト(4,500円)、ランドリーソープ(4,100円/いずれも税別)などをラインナップ。12月以降は百貨店やセレクトショップ、インテリアショップなどで取り扱いが予定されている。