【加工乳・豆乳NG】フルーチェの正しい作り方知ってる?

写真拡大

ハウス食品が1976年に販売を開始した「フルーチェ」。いまでは、「蜜リンゴ味」やフルーチェMIXの「ストロベリー×バナナ」、贅沢フルーチェの「贅沢ピーチ」など、数多くの種類がラインナップされていて、作って食べてことがある人も多いのではないでしょうか。しかし、正しい作り方はあまり知られていない可能性が…。

フルーチェに加工乳や豆乳を入れても固まらない

器にフルーチェと牛乳を入れて、混ぜるだけでおいしいスイーツを作れるのが特徴ではありますが、使用する材料を間違えると失敗することもあります。

ハウス食品のウェブサイトによると、フルーチェが“プルプル”に固まるためにはカルシウムが必要とのこと。フルーチェ作りにもっとも適しているのは、200mlあたりカルシウムが227mg程度含まれているもの。「種類別 牛乳」が、1番おいしい食感になるのだとか。

ここで気になるのが「種類別 牛乳」というもの。実は、牛乳には種類があり、商品パッケージに名称が記載されているんです。そのなかで、もっとも適しているのが「種類別 牛乳」というわけ。具体的には…。

【フルーチェが固まる種類】

・種類別 牛乳

・種類別 成分調整牛乳

・種類別 低脂肪牛乳

・種類別 無脂肪牛乳

【フルーチェが固まらないもの】

・種類別 加工乳

・種類別 乳飲料

・豆乳

・スキムミルク(脱脂粉乳)

前述の通り、加工乳や豆乳ではフルーチェを固めることができません。「そんなことは知ってた」と思う人もいるかもしれませんが、ネット上には、加工乳や豆乳を使った結果、固まらなくて困っている人も見受けられます。

フルーチェは常温で牛乳はよく冷やす

では、“プルプル”食感のおいしいフルーチェを作るためにはどうすればいいのかというと…。

【手順】

1)フルーチェは常温にする

2)牛乳は冷蔵庫でよく冷やす

3)ボウルなどにフルーチェを入れる

4)3に牛乳をすべて入れる(小分けはNG)

5)素早く混ぜ合わせる(ホイップするように混ぜるのはNG)

以上です。もし、あまり固まらないようであれば、冷蔵庫で30分程度寝かせてください。

フルーチェ作りに成功したことがない人もいるようですが、もしかしたら使用する材料が間違っている可能性もあり。今回紹介した方法で試してみてはいかがですか?

(文・山手チカコ/考務店)