大幸運期突入のにゃんこスターは一発屋では終わらない!

写真拡大

 今年の『キングオブコント2017』(TBS系)で大きな爪あとを残したのが、結成わずか5か月で準優勝を飾った男女コンビ、にゃんこスターだ。メンバーのスーパー3助(34)とアンゴラ村長(23)がコンビ結成直前から交際していたと告白し、さらに注目度はアップ。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では2人のこれからを占った。

■にゃんこスターは相性も将来性も盤石

 にゃんこスターのネタに関しては、「笑える!」「中毒性が高い」という声がある一方、『バイキング』(フジテレビ系)司会の坂上忍(50)が「面白さがわからない」とコメントするなど、世間の評価は真っ二つに分かれている。

 新人が出ては消えていく芸人界。にゃんこスターは生き残っていけるのか。風水で占う女芸人・出雲阿国は「すごいのが来ちゃったなって感じ。絶対に一発屋では終わらない」と2人の将来性を保証する。

 出雲阿国によれば「スーパー3助さんがしっかりしているし、アンゴラ村長さんも母性が強くどっしり構えている。相性は揺らがない」とのこと。恋愛関係が破綻してコンビ解消という心配もなさそうだ。

■今のブームは単なる初動。来年の活躍に注目!

 『キングオブコント』放送終了後に仕事依頼が100本も殺到したという2人。さすがにこの勢いは一時のものと思えるが……。「2018年にはさらに飛躍する」と予告するのは、ハッピーマイスターのクリスティーン デリコだ。

 「アンゴラ村長は、ボランティア星ハードという星を持っていて、この星は2018年、12年に一度の大幸運期に入っていく」と診断。にゃんこスターが所属することになったワタナベエンターテインメントの先輩芸人、ブルゾンちえみも同じ星の持ち主なのだそうだ。

 続けて、出雲阿国は「スーパー3助とアンゴラ村長は、一緒に仕事をすると財を生み出すことができる」と、恋愛だけでなく、ビジネスパートナーとしても必要不可欠な存在だと断言した。大幸運期に守られる2018年は『キングオブコント』では手に入れられなかった大金を手に入れるにちがいない。
(ニコ)

>>占いTVを見る

※画像出典/shutterstock