無理に辞めさせる必要なし! 保育士に聞いた「戦隊ごっこ」が子どもに与える良い影響

写真拡大

幼稚園や保育園に通う、3〜5歳くらいの男の子のほとんどがハマると言われている「戦隊もの」。

【しつけ】またやった!友達の玩具を奪い取る子に「伝わらない叱り方」5パターンと改善法

戦隊ものは女の子バージョンもありますが、ハマりやすいのは男の子です。

男の子はもともと言葉数が少なく、言葉を発しなくても空想の世界で遊ぶことが好きな傾向にあります。

テレビで見るヒーローのカッコいいポーズや悪い敵を倒すシーンがとても魅力的に映り、それに空想の世界でなりきり、ごっこ遊びをするようです。

しかしこの戦隊ごっこ遊びは、相手を力づくで倒したり、傷つけたりするシーンが多く、また敵が発する言葉が乱暴で汚いものが多いことから、ママ達からは敬遠されがちです。

そもそも、戦隊ごっこは子どもにとって悪影響なのでしょうか。

日頃からたくさんの子ども達と接する、未就学児教育のプロである保育士は、「戦隊ごっこは子どもに良い影響もある」と言います。良い影響があると言う理由とはいったい何でしょうか。

今回は、戦隊ごっこが子どもに与える影響について、保育士からのインタビューを元にご紹介したいと思います。

「戦隊ごっこ」は、ママ達が感じているほど悪くない!

戦隊ごっこがママ達に敬遠されがちな理由と言えば「言葉が乱暴」「友達にケガをさせる恐れがある」ですから、子どもが戦隊ごっこをはじめると思わず「やめなさい!」と怒鳴ってしまうママも多いのではないでしょうか。

また兄弟が家の中ではじめると、お隣や近所への影響から、子どもを叱りたくなるママの気持ちは分からないでもありません。

しかし、「ヒーローは楽しんで悪者を倒しているのではなく、弱者を守るために戦っている」ことをちゃんと伝え、家の中ではなく公園などの広いところでやることなど、きちんと遊びの意味合いや決まりを伝えれば、大人が思うほど悪影響はないと保育士は言います。

実際に保育園で戦隊ごっこを日常的に見ていても、「危ない」「ダメ」などと言って止めるようなケースも少ないそうです。

お友達とさまざまなシーンを考え相談し合い、ヒーローや悪役を交代で演じるなど、仲間を通じて学べることも多いと言います。

意外と多い!「戦隊ごっこ」が子どもに与える好影響とは

では具体的に、戦隊ごっこは子どもにとってどんな良い影響があるのでしょうか。未就学児教育のプロである保育士に聞いてみました。

痛みや手加減を覚える

戦隊ごっこをするとどうしても心配なのがケガです。子どもが擦り傷やあざなどを作ると冷や冷やするものですが、「多少のケガは目をつぶってください」という保育士。

また戦隊ごっこでお友達にケガをさせてしまったりすると、親としては居ても立っても居られない気持ちになりますが、お友達は「ケガをして痛いから泣いている」ことを伝えれば子どもはちゃんと学習します、と言います。

つまり、子どもは戦隊ごっこを通じて、痛みや手加減を学習するということです。

痛みや手加減を知る経験は、子ども時代でなければ出来ないことですから、ある意味子ども時代には必要で大切な経験なのかもしれません。

仲間の大切さを知る

ほとんどの戦隊ものは、ヒーローが仲間と共に力を合わせ、仲間と友情を深めながら悪者に立ち向かうというストーリーです。

そのため、遊びを通じて自然と仲間の大切さや友情を養うことができると保育士は言います。

戦隊ごっこで仲間の大切さを知り、それがみんなで力を合わせ成し遂げる運動会や音楽会、学芸会などで好影響が出ることも多いそうです。

育児にも活かせる

男の子はきちんと座り落ち着いて食事をしなかったり、片付けなどもちゃんとしない子が多いものです。

そんな時に戦隊ものが活かせる言葉があります。

「ヒーローのように強くなりたかったら、ご飯をちゃんと全部食べよう」

「ちゃんとお片付けをしなかったら、ヒーローにやっつけられちゃうぞ」

そんな日常的な声掛けが、男の子たちの心には響くようです。

その気になりやすい男の子であれば、率先してヒーローの格好をしながら片づけを始めたりする子もいると言いますから、ヒーローが与える子どもへの影響は強力だと言えます。

このように、ママ達からは敬遠されがちな「戦隊ごっこ」も、子どもにとっては良い影響があることが分かりました。

取り返しのつかないような危険行為をしようとしたり、大きなケガに発展しそうな場合にはストップを掛ける必要がありますが、乱暴な態度や言葉など、表面的な部分だけを見て頭ごなしに叱り辞めさせることはよくありません。

ルールを決めた上で自由にやらせ、静かに見守るくらいが良いのではないでしょうか。

わんぱくで動きまわり、想像もつかない行動をする男の子に悩むママは多いですが、男の子とはそういうものだと理解をし、受け入れることでイライラが和らぐと言われていますから、少し肩の力を抜き、男の子の戦隊ごっこも笑顔で見守ってみましょう。

男の子育児に頑張るママ達を応援しております。