京急イーエックスインは、10月25日に「京急EXイン 羽田」を開業する。

京急イーエックスインが運営するホテルでは2番目の規模で、地上10階、地下1階建て。客室はセミダブル212室、ダブル72室、ツイン28室、ユニバーサル1室の計313室。客室にはシモンズ社と共同開発のマットレス、USB電源、40インチ以上の大型テレビを導入する。和食と洋食から選べる朝食を、午前5時から10時まで無料で提供する。セブン-イレブン・ジャパンの「セブン自販機」を2階ラウンジに設置し、おにぎりやサンドイッチなども販売する。

羽田空港近くの、京浜急行バスが車庫として利用している土地にホテルを建設し、バス事業の機能を維持したまま、土地を有効活用することでホテルを運営する。空港敷地外のホテルでは、最も空港に近い立地。

アクセスは、京急線天空橋駅から徒歩3分、穴守稲荷駅から徒歩7分。深夜早朝にはホテルと羽田空港を結ぶ送迎バスを運行する。