10月1〜4日、年次イベントであるオラクル・オープンワールドがサンフランシスコで開催された(記者撮影)

自前のサーバーを前提とした従来型のオンプレミスモデルで成功する一方で、クラウド型のビジネスモデルでは競合に遅れを取っている米オラクル。同社が今、クラウド強化へ気炎を上げている。

オラクルは10月初旬、サンフランシスコで毎年恒例のビジネス・技術系イベント、オラクル・オープンワールドを開催した。期間中には創業者であるラリー・エリソン会長兼CTO(最高技術責任者)をはじめ、マーク・ハードCEO(最高経営責任者)、トーマス・クリアン製品開発担当プレジデントなど、オラクルの経営トップらが多数登壇。同社の現状や今後の方向性について語った。

オラクルもついにクラウドシフト


創業者であるラリー・エリソン会長兼CTOは2度にわたる基調講演に登壇した(記者撮影)

そこで見えてきたのは、数年前から進めてきている「クラウドシフト」の進化、そしてAI(人工知能)やブロックチェーンといった先端技術の導入だ。

クラウド型のビジネスモデルへの転換は、これまでのオンプレミスで成功し、ビジネス資産を積み上げてきた企業ほど難しい。1977年の創業時から従来型ビジネスモデルで事業を展開し、データベースの世界で高い市場シェアを誇ってきたオラクルも例外ではない。

オラクルが9月に発表した2017年第1四半期決算は売上高が91.8億ドル(約1兆0100億円、前年同期比6.8%増)、営業利益が28.2億ドル(約3100億円、同6.8%増)と好調だった。オンプレミス型事業は売上高の80%を占めているが、クラウドの売り上げは14.6億ドル(同51.3%増)と初めて新規ソフトウエアのライセンス販売(9.6億ドル、同6.2%減)を上回った。

こうしたオラクルのクラウド化は株式市場からも好感されている。同社の株価は米ITバブルの最盛期である2000年8月に人気が過熱し45ドルまで急騰した後、翌年には10ドル前後まで低迷。しかし、その後はS&P500を上回る上昇率を示し、今年の5月にはついにITバブル期を上回り、足元では50ドル前後で推移している。

ハードCEOはオープンワールドの会見で、「ここ数年にわたってオラクルはクラウド分野へ投資をし、変革をしてきた。投資段階で株価が停滞した期間もあったものの、昨年頃からは(クラウドでも一部競合する)独SAPなども上回る勢いで上昇している」と説明した。

クラウドの売り上げ規模で比較すると、オラクルは競合の後塵を拝している。アマゾンはIaaS(仮想サーバーなどコンピュータを稼働させる基盤をネットワーク経由で提供するクラウドサービス)に圧倒的な強みを持つAWSを、マイクロソフトはAzureを中核にクラウドOSを展開、IBMはAI「ワトソン」を武器に、グーグルもGoogle Appsなどクラウドツールを提供、セールスフォースはクラウドのCRMに強みを持つ。

新技術導入で巻き返し


会場となったモスコーニセンターのイベントホールの外にも、液晶スクリーンが設置された(記者撮影)

こうした状況について、クリアン製品開発担当プレジデントは「オラクルはIaaSも提供しているが、そのうえでSaaS(ソフトウエアをネットワーク経由で提供するクラウドサービス)、PaaS(ソフトウエアを稼働させるプラットフォームをネットワーク経由で提供するサービス)などを幅広く提供している。AWSは最近データベースにも力を入れてきたが、オラクルには39年間の実績がある。またIaaSだけでなく、SaaS、PaaSも提供できる点でオラクルには優位性がある」と強調した。

この言葉を裏付けるように、オープンワールドではクラウドの各分野で先端技術を導入した新サービスの発表が相次いだ。目玉となったのは、エリソン会長が基調講演で明かした、「世界初の自律型データベース」だ。機械学習の技術を導入することにより、これまでデータベース管理者が行っていたプログラムのバグ修正やコンピュータの最適化などを、稼働を止めることなく自動で実行する。

自動車における自動運転技術のデータベース版のような機能で、セキュリティ面やコスト面での性能が大幅に向上。「アマゾンの(データベース製品の)半分以下のコストを保証する」と、エリソン会長は言う。

また、業務関連のクラウドサービスには最新のAI技術を導入。膨大なデータを基に、たとえば人材マネジメントでは機械学習によってより最適な候補者を見つけて採用につなげることが可能になるなど、各分野でAI技術を活用することができるという。

このほか、主に開発者向けにブロックチェーンの技術を取り入れたクラウドプラットフォームの新サービスの開始を発表。ブロックチェーン製品開発担当ヴァイスプレジデントのフランク・ション氏は、同技術について「今後10年で最もデジタルディスラプション(テクノロジーによる破壊的なイノベーション)をもたらす技術になる。ビットコインにとどまらず、今ではそれ以上の広がりがある」と指摘する。

そのうえでション氏は金融業界だけでなく、政府関係の出生証明や運転免許などのIDマネジメント、自動車部品メーカーなどのサプライチェーン、食料品などの物流におけるトレーサビリティなどさまざまな分野に展開していく方針を示した。

データベースの巨人は転換できるのか

顧客が大きな先行投資をする必要があるオンプレミス型に比べ、利用する期間だけサービス利用料を支払うビジネスモデルのクラウドでは、競合サービスへの切り替えのハードルが低くなる。

クラウドでは追う立場にあるオラクルだが、今後クラウド比率をさらに高め売り上げシェアを拡大したとしても、その地位を維持するのは容易ではない。オープンワールドで行われた積極的な発表からは、「最先端技術を取り入れていかなくては、クラウドの競争に勝てない」という意識も見え隠れする。

IT業界の大きな構造変化を前に、売上4兆円の巨大企業オラクルも絶えることなき技術革新を迫られている。