一生懸命生きて、恥をかく。中村倫也、愛すべき“バカ”のカタチ。

ここ数カ月だけでも映画『あさひなぐ』やドラマ『伊藤くん A to E』(TBS系)など数々の話題作に出演し、その飄々とした雰囲気と存在感で、たまらない魅力を放つ俳優・中村倫也。新宿歌舞伎町を舞台にした上田竜也(KAT-TUN)主演のドラマ『新宿セブン』(テレビ東京系)では、ストーリーテラーでもある重要なバディ役を演じている。作品についてはもちろん、プライベートや“笑い”への思いまで、肩の力の抜けた物腰柔らかな姿勢で語ってくれた。

撮影/秋山 崇 取材・文/中沢 純 

スタッフ陣も同世代…「年を取ったときに思い出話ができそう」

livedoorニュースのインタビューは1年3カ月ぶりの登場で、当時は茶髪にスーツ姿でしたね。本日(※取材が行われたのは10月上旬)のカジュアルなスタイルもお似合いです!
普段はラクな格好しかしないですね。寒くなく、暑くなく、体の動きが拘束されない服しか着ていないので。
シンプルな服が好みですか?
4色以上、色を使うとワケがわからなくなるんですよ。柄とかをどう組み合わせたらいいのかわからないので。シンプルでラクなのしか着ていないです。
本日は『新宿セブン』で演じる大野健太の衣装とのことですが、オシャレですよね。
ね、スタイリストさんはまだ26歳とかで若いんですよ。
年齢の話と言えば、『新宿セブン』の藤井道人監督やプロデューサーの方が中村さんと同世代なんですよね。ともに新たな作品を作ることは喜びだったりしますか?
うん、なんかうれしいですよね。年を取ったときに思い出話もできるし。あとは同じものを見て育ってきているので、感性も近いのかなと感じるときがありますね。
先ほどの『新宿セブン』の記者会見では、共演者との仲の良さが伝わってきて、現場の雰囲気もいいんだろうなと想像がつきます。
楽しいです、本当に。なんと言ったらいいですかね、平和です。物語はいろんな出来事が起こるんですけど、みんな気さくでいい人なので。毎回ゲストがいるので、受け入れなくてはいけない側ですし。リラックスして、いいもの作りができるような信頼関係ができあがってきていますね。
主演の上田さん演じる七瀬質店の店主、天才鑑定士の七瀬のもとで働く大野健太という役を演じられていますが、どんな人物ですか?
健太という役は、涙なしには語れないあるエピソードで七瀬質店を訪れ、七瀬さんの相棒となる人物です。相棒というか部下というか、ほぼパシリなんですけどね(笑)。
質屋で働き始める見習いなんですよね。
そう、健太の成長も見どころのひとつかなと。いつもまわりでドタバタ、ガチャガチャするんですけど、それによって上田くんの新しい顔も出てくるのかな。そういう手応えを2割くらい抱いてます(笑)。
©観月 昴・奥 道則/日本文芸社 ©2017「新宿セブン」製作委員会

大野健太は、回が進むごとにバカになっていくキャラクター

健太はストーリーテラーも兼ねる、重要な役回りですね。
視聴者が作品に入るための窓口になる、という印象で。台本もそういうふうに作られています。健太は回が進むごとに、どんどんバカになっていくので(笑)。愉快ですね。
楽しんで演じているんですね。
かなり自由度が高いキャラクターだなと思っています。七瀬というキャラクターが真ん中に太い柱としてあり、各話にゲストがいるんですけど、それらすべてをつなぎながら、物語を転がしていくようなキャラクターなので。
なるほど。
しかも一話30分の尺なので展開が早い。健太って深刻なシーンのたびに、失礼な質問をぶっこんだりするんですよ(笑)。
そうなんですか?
それは、話を進めなくてはいけないキャラクターの宿命なんですけどね。ゲストに話をさせなくてはいけないので。そういうところがすごく愉快です。こいつアホだなって。そこに悪気がなければ、愛嬌になるかなと思ってやっていて。楽しいですね、なんかバカな役って面白いんですよ。
©観月 昴・奥 道則/日本文芸社 ©2017「新宿セブン」製作委員会
相棒役って、最初は距離感をつかむのが難しい? それとも、すんなり入っていけるものですか?
うーん、そうですね……僕自身が人や場によって、あまり自分が変わらないというか。このまんま普通に入ってます。そうしたら相手が笑ってくれたり、ツッコんでくれたりして、自然と関係性ができあがってきた感じですね。
そういえば、上田さんのあるインタビューを読んだら、中村さんがアドリブをかなりぶっこんでくる、みたいなことを語っていて。
ちょっとずつ突けば、もっと面白く膨らんでいくかなと。アイデアを提案している、というか。
現場でパッと思いついたら、すぐにアドリブをやっちゃうんですか?
2パターンありますね。台本を読んでいて、ここはもうちょっと膨らむぞと思うこともあるし。現場で芝居を交わしているときに、台本を読んだ段階では気付かなかったことが気になって、ずっとそこに集中してしまうこともあるし。でも、周りの人の邪魔にはならない芝居をしようと思っていますけどね。
みんな、アドリブをちゃんと受けてくれる?
そうですね。たぶん、上田くんはもうちょっとこっちに乗っかりたいんだろうけど、七瀬のキャラクターがあるので、そこは監督があまり乗っからないように制している。だから寂しそうにしていますよ(笑)。

気付いたら夜中の2時までフライパンを振っている(笑)

『新宿セブン』は歌舞伎町で実際に撮影されているシーンもありますよね。普段、歌舞伎町に遊びに行くことはありますか?
行かないですよ、あんなキャッチばかりの場所に(笑)。
たしかに、そんなイメージがありますけどね(笑)。
僕は東京出身で、小さい頃から歌舞伎町は怖い場所だと親から言われていたので、そういう印象がありますけど。まあ、大人になって飲みに行ったりもしましたが、わざわざ行かないですね。映画を見に行くくらいですね、新宿へは。
普段はどのへんで遊んでいるんですか?
あまり決まって行く場所はないし、どこかに行くとしてもバラバラですね。自分から人を誘って遊ばないですし。
休みの日は家にいることが多い?
基本、家で掃除をしていますよ、俺(笑)。ヒマだからって、出歩きはしないですね。自分が住んでいる街で済ませちゃいます。
けっこう、インドア派なんですね。ブログを読むと、最近、料理に凝っているとか。
そうなんですよ。困ったことに。お金と時間がかかってね。普通にひとり暮らしだったら、外食だったり、買ってきちゃったほうが安いんですけど。
ひとり暮らしだとそうですよね。
なんかね、気付いたら夜中の2時までフライパンを振っていることがありますよ。今日、朝の5時起きだぞとか思いつつ(笑)。
(笑)。そこまでハマったきっかけは?
『新宿セブン』とはべつに、役者仲間が「ダイエットをする」と言っていて。俺もそれに乗っかるわと始めたんです。そうしたら、ロケ弁とかで食べられるものが少なくて。そうなると自分で作るしかないなと思って始めたら、ハマっちゃったんです。ハマりすぎて困っていますよ。
最近、作ろうと思っているものは?
ついに調味料をほとんど揃えてしまいまして……。おいしい親子丼を作ろうと思っていて。今日は帰ったらたぶん、親子丼を作ってますね。明日のロケに向けて(笑)。
ほぼ毎日作っているんですか?
そうですね。なんか糖質制限みたいなことをやっているんですけど、わざわざ低糖質のパンや米とかを買って。肉やチーズ、野菜とか、そこらへんを使って料理しています。
料理を作って役者仲間とパーティーとかしたら、面白そうですね。
え〜……絶対にイヤです。仕方なくやっているんですよ、食べるものがないから。本当は誰かにやってもらいたいんですけどね(笑)。でも凝り性で飽き性なので、2〜3カ月したら飽きていると思いますよ。
でも、ペットはずっと飼い続けていますよね。前回のインタビューでお話されていた、ハムスターや古代魚は今も元気なんですか?
元気です。ハムスターの小屋は煮沸消毒を定期的にしなくてはいけないので、昨日していました。ここを寝床にしろ、と置いている大きなビンをトイレにして、トイレだよと言っているところを巣にしているんですよ。だからバカだな〜って。
(笑)。
いつもシャワーを浴びてから出かけるんですけど、今朝もシャワーを浴びる前にハムスターが起きていて。ダメですね、朝に目が合うと。うっかりすると遅刻しそうになるくらい、ずっと見ていられるんですよ。
そんなにかわいいんですね。古代魚もずっと見ていられる?
そうですね。そっち壁だよ、と言っているのにゴンッと当たったり(笑)。
話をうかがっていると、愛嬌のあるキャラクターが好きなんですね。
なんか、好きなんですよね。ディズニー系でもドナルドダックが好きですし。相当バカですからね、平気で自分のしっぽに火をつけますし(笑)。
次のページ