柳原履物工場を現地指導した金正恩氏(2017年10月19日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長が、柳原(リュウォン)履物工場を現地指導した。日時は不明。朝鮮中央通信が19日、伝えた。

同通信によると、金正恩氏は工場構内に立つ金正日氏の現地指導標識碑を見ながら、「明るい笑顔の総書記に会うようだ。工場の活動家と従業員は総書記の崇高な志を体して良質でおしゃれな履物をより多く生産して人民に与えなければならない」と述べた。

また、柳原履物工場は「総書記の烈火のような人民愛によって1988年11月、わが国初の射出運動靴生産拠点として創立された工場だ」と述べた。

さらに、「生産している運動靴の種類がとても多くて見栄えがし、質がよい、世界的に有名な運動靴と堂々と肩を並べることができる。われわれが作った運動靴、スポーツシューズを履いて喜ぶ人民と子ども、スポーツマンを思うと本当に満足だ」と明るく笑ったと伝えた。

その上で、「工場で高らかに響かせている増産の音は、必勝の信念と楽観に満ちて自力自強の偉大な原動力によって富強、繁栄する社会主義強国をうち建てていく千万の軍民の力強い進軍歌に聞こえる」と強調した。

現地指導には、安正秀(アン・ジョンス)、金勇帥(キム・ヨンス)、金与正(キム・ヨジョン)、趙甬元(チョ・ヨンウォン)、朴明順(パク・ミョンスン)の各氏が同行した。同通信では紹介されていないが、李雪主(リ・ソルチュ)夫人も同行したことが労働新聞の写真からわかる。