デルタ航空は、デトロイト〜アムステルダム・上海/浦東線に、エアバスA350-900型機を投入する。

デトロイト〜アムステルダム線には2018年3月31日から、大西洋路線として初めて投入する。デトロイト〜上海/浦東線には2018年4月19日より投入する。すでに、デトロイト〜東京/成田線には10月30日から、デトロイト〜ソウル/仁川線には11月18日から、デトロイト〜北京線には2018年1月17日からそれぞれ投入すると発表している。

ビジネスクラスの「デルタ・ワン」は全室が通路に面した個室で、フルフラットとなるシートや18インチの個人用モニターを採用。初のプレミアムエコノミークラスとなる「デルタ・プレミアムセレクト」は「2-3-2」配列で、13.3インチの個人用モニターやフットレスト、レッグレストも備えている。ウェスティンホテルとコラボレーションしたヘブンリーブランケットや、TUMIのアメニティキットも提供する。食事はアレッシィの食器で、ビジネスクラスに近いメニューをワンプレートで提供する。エコノミークラス「メインキャビン」は「3-3-3」配列で、全席に電源を設置。モニターのサイズは11.1インチで大画面でエンターテインメントを楽しむことができる。

■関連記事

【フォトレポート】デルタ航空、エアバスA350型機を公開(ビジネスクラス編|プレエコ・エコノミークラス編|機体編)