靴は毎日履くものではありますが、同じく毎日履く靴下のように毎日洗うことはありませんよね。ゆえにどうしても嫌な臭いがたまりがちです。毎日洗えない靴であるからこそ、わたしたちは靴に適した臭いケアを行っておきたいもの。そんな靴の臭いケアの裏技について紹介したいと思います。

靴の臭いには10円玉が効く!

靴の臭いには10円玉が効くという話を聞いたことがありませんか?これは確かな話で、10円玉はそのほとんどが殺菌力の強い銅で構成されているため、靴の臭い消臭には効果的なのです。ちなみに銅は、細菌類を死滅させる性質があることが様々な試験で明らかとなっており、その高い殺菌効果ゆえに、一般住宅や高層ビル、マンションなどの給水・給湯配管に採用されています。それほど銅の殺菌作用には確かな効果があるということです。靴の臭いが気になる方は10円玉を靴にいくつか放り込んでみましょう。きれいな10円玉ほど消臭する力は強いそうです。

靴の臭いには重曹も効く!

靴の臭いに効くものとしては重曹も有名です。重曹とは炭酸水素ナトリウムといわれるもので、ふくらかし粉やベーキングパウダーの主成分となるものです。水に入れるとブクブクするあれですね。重曹には強い消臭効果があるため、洗濯や部屋・トイレの消臭など、様々な生活のシーンで多く活用されています。(重曹でお掃除する人が増加中)
この重曹が靴の臭いにも威力を発揮してくれるのです。使い方としては市販の重曹を100g程度を通気性の良い布等に包み靴に放り込んでおくだけ。これだけで靴の臭いを取り除いてくれます。ちなみに同様に靴箱に放り込んでおけば、靴箱の嫌な臭い対策にもなりますので活用してみてください。

靴の洗浄や除湿も忘れずに

靴の臭いを手軽にとる術はあるとはいえ、定期的に靴の洗浄は忘れずに行っておきましょう。いくら靴の臭い対策に努めていても靴が汚れていれば元もこうもないからです。特に靴に湿気が溜まっているときは細菌やバクテリアの温床となりやすいので除湿を徹底しましょう。靴の除湿には新聞紙が効果的です。使い方としては丸めた新聞紙を靴に差し込むだけ。若干の消臭効果もあるようです。ただびしょびしょの靴に新聞紙を放り込むと黒インクがうつってしまう可能性があるので注意しておきましょう。身近にあるものでできる靴の臭いを消す定番の裏技は以上です。靴の臭いが気になっている方は早速実践してみてはいかがでしょうか。足の臭いケアについてはこちらを参考に。(足のケアを始めて嫌な臭いをシャットアウト)


writer:サプリ編集部