「電車でお守りを拾いました」女性タレントが投稿 数日後、心温まる展開に!

写真拡大 (全4枚)

「うっかり、大切な物を失くしてしまった」という経験、一度はありますよね。

いくら大切にしていても、ふとした瞬間に落としてしまったり、急いでいる時に置き忘れてしまったり…。失くしたことに気付いた時のショックは大きいものです。

電車内で拾った『お守り』を、女性タレントがツイートすると…

2017年10月4日、タレントの村田綾(@murata_aya)さんは自身のTwitterに2枚の写真を投稿。そこには、年季の入ったお守りが写っていました。

村田さんが電車に乗っていると、このお守りが落ちていたのを見つけたのだそうです。

汚れているお守りを見るに、きっと長年身につけていた物なのでしょう。息子『そらくん』の、お父さんに対する愛がこもっていることも伝わってきます。

(もし自分が落とした人だったら、駅に電話して聞くはずだから…)

そう思った村田さんは、駅員にお守りを渡しました。そして、自身のTwitterにこのことを投稿します。

「お父さんか、そらくんに届きますように」と思いを込めて…。

それから数日後…

ツイートから5日後、村田さん宛てにとあるTwitterユーザーからメッセージが寄せられました。

つづられていたのは、村田さんへの感謝のメッセージ。そして、あのお守りの写真がそえられていました。

投稿拡散で知ってびっくりです!綾さんが拾って下さったお守りは、うちの主人が落としたものでした。

大宮駅まで引き取りに行き、無事に我が家に帰って来ました!これは、5年前の父の日に、息子が描いて作ったお守りです。
拡散してくださった皆様方、本当にどうもありがとうございました!

持ち主の奥さん「感謝の気持ちでいっぱいです」

持ち主の奥さんに話を伺ったところ、奥さんが6日に村田さんのツイートを読み、このことに気付いたのだとか。

このお守りはいまから5年前、当時3歳だった息子さんが描いた『お父さんの似顔絵』からお守りが作れるサービスを利用し、父の日にプレゼントした物なのだそうです。

お父さんは、大切なお守りを落としてしまったことにショックを受け、とても反省していたといいます。

お守りを拾って届けてくださり、ツイートしてくださった村田さんの優しさ。そして、拡散してくださった皆様方の優しさに感動しました。

感謝の気持ちでいっぱいです。

多くの人に向け、そうコメントする奥さん。

お守りを拾い、駅員に渡した村田さんと、ツイートを拡散した多くのTwitterユーザー…たくさんの優しさで、お守りは持ち主の手に戻ることができました。

『優しさの連鎖』で起こった、とても心温まる出来事ですね!

※お守りの持ち主である投稿者様の許可をいただいておりますが、ご本人の希望でアカウントを伏せて掲載しております。

[文・構成/grape編集部]