ドラマ「Re:Mind」で初主演を務めるけやき坂46のリレートーク企画第3回には、けやき坂46最年少の柿崎芽実が登場!/撮影=カノウリョウマ/取材・文=大小田真

写真拡大

孤高のアイドルグループとして世の中を席巻している欅坂46(通称:漢字欅)に続き、その後発グループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の勢いも止まらない! 冠番組「欅って、書けない?」(テレビ東京)、「KEYABINGO!」(日本テレビ)でバラエティー力を発揮しているほか、単独での全国ツアーを開催するなど活躍の場を広げている。そんな、ひらがなけやきの11人が主演するドラマ「Re:Mind」(テレビ東京ほか)が10月19日(木)からスタート。洋館に閉じ込められた女子高生たちの身にさまざまなハプニングが降りかかる密室サスペンスだ。

【写真を見る】ひらがなけやき最年少の柿崎芽実のキュートなSHOT6連発!/撮影=カノウリョウマ

webサイト「ザテレビジョン」ではドラマの撮影現場に潜入し、初主演に対する思いや各メンバーの演技について直撃取材を敢行! 第3回目は、漢字欅のセンター・平手友梨奈と同じく2001年生まれでグループ最年少の柿崎芽実。「サスペンスよりホラーを見ます!」と意外な一面を教えてくれた。

■ ホラー映画は好きでよく見てます!

――ドラマの中では怖がったり驚いたりするシーンが多いですが、柿崎さんはそういうことに耐性があるのだとか?

柿崎:ホラー映画は怖くてムリ!っていう女の子は多いけど、私は好きでよく見ています。だから割と大丈夫なほうじゃないかなぁ。ドッキリを仕掛けたり、仕掛けられるのも嫌いじゃないですし(笑)。ただ、この現場ではひとつ怖いものがあるんですよ。それは齊藤京子! 京子は役柄的に怒った口調で話すシーンが多いんですけど、そのお芝居がかなりリアルなんです。密室に閉じ込められてしまった…という設定より、京子のほうが怖いかも(笑)。

――柿崎さんご自身はどんな役柄になりますか?

柿崎:制服の着こなしも普通だし、一番ノーマルな感じだと思います。少しだけ年少っぽさはあるかもしれません。現時点では、どちらかと言うと大人しいキャラクターですね。普段の自分に近いかな? 素の私は、みんなが元気に騒いでいると逆に落ち着くとういか冷静になっちゃうタイプなんですよ(笑)。

――それでも劇中では怖がったり驚いたりするシーンが連続しますよね。難しいと感じますか?

柿崎:もちろんです。演技の基礎を学んだワークショップでもそうでしたし、本番でも似た感覚があるんですけど、同じ感情のお芝居を何回も繰り返していると、その場面やセリフに慣れてしまってだんだん感情が薄くなっちゃうんです。最初のころは、監督から『テンションが下がってきたよ!』って言われて気付くことが多かったですね。何度も同じシーンを撮り直すことが多いので、一定の感情をずっとキープするのはとても大変です。私はもともと自分の感情を表に出すのが苦手なんですよ。例えば、楽しいときはもちろん笑うんですけど、思いっきり爆笑するっていう感じじゃなかったり。このドラマを通してその壁を越えて、自然な状態で心の底から感情を出せるようになりたいです。

■ ミステリアスなメンバー・高瀬愛奈をもっと知りたいです(笑)

――その他に、この作品の現場で学びたいことはありますか?

柿崎:高瀬愛奈のことを知りたいですね(笑)。私自身、友達から「不思議ちゃん」って呼ばれたことはあるんですけど、ひらがなけやきの中ではダントツで高瀬がミステリアスです。現場でかなり長い時間を一緒に過ごしていても分からないことだらけです。突然変なことを言うんですよ。彼女は“シナモン”というキャラクターに似ているって言われているんですけど、みんながスマホをいじったり本を読んだりしている中、突然『高瀬シナモン愛奈です!』ってあいさつをしたり(笑)。その場にいる人は全員、一瞬固まります。『えっ!? 何っ!?』って(笑)。

――相当面白いですね。次のメンバー・影山優佳さんはどんな人ですか?

柿崎:このドラマの現場に入って、初めて気が付いたことがあります。優佳の声って、声優さんみたいなんです。洋館のセットの中で優佳がお芝居をしている場面を、セットの外から声だけ聞く機会があったんですよ。そのときに「いい声してるな〜」って。舞台とかに出たらいいんじゃないかなって思います。ちょっと複雑な立場の役を演じているので、感情表現とかいろいろ大変だと思うんですけど、最後まで頑張ってほしいです…じゃなくて、一緒に頑張ろ〜!

【Profile】かきざき・めみ●2001年12月2日生まれ。長野県出身。A型。いて座。

取材・文=大小田真