マスメディアに頼らずSNSを中心としたプロモーションで注目を集める英国のブリュワリー「ブリュードック」。日本でもファンが多いこの企業のこだわりと、成功の秘訣とは? 今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、同社の戦略・戦術を詳しく分析し解説しています。

企業文化を中心に据えた戦略

急成長している英国の新興クラフトビールメーカーを分析します。

● ブリュードッグ

戦略ショートストーリー

本物志向の方をターゲットに「ビールに対する熱い思い」や「パンクの精神」に支えられた「従来のビールでは体感出来ない美味しさ」等の強みで差別化しています。

SNSを中心にしたオープンなプロモーションで注目を集め、受賞歴を持つ多数のこだわりのクラフトビールの味を体験した顧客から熱狂的な支持を得ています。

分析のポイント

企業文化を中心に据えた戦略

ブリュードッグの創業者の一人であるジェームズ・ワット氏が企業を経営するうえで重視している3本の柱があります。

それは何かというと

一つ目が、企業文化

二つ目が、核となる商品の質

三つ目が、粗利

です。特徴的なのが、企業文化を一番に持ってきていることです。ちなみに、企業の経営は「企業文化で3分の1が決まる」と言っています。

企業文化対する考え方をジェームズ・ワット氏の著書『ビジネス・フォー・パンクス』より一部引用します↓

企業文化は組織をつくる基本素材であり、組織のあらゆる行動の原動力となり、指針となるものだ。企業文化をあるべき姿にすることが、リーダーの仕事の大部分であるといえる。

 

企業文化とは集団としての価値基準と共通認識のことだ。社員が何を考え、感じ、実行するかを決める。また、DNAのように企業の姿を決め、善悪を判断する指針にもなる。

 

(中略)

 

企業文化を維持し、育てることなしに成功はありえない。

企業文化を重要視していることが、よく伝わってきますね。「ブリュードッグ」では、企業文化に合わないと思われる方は、採用しませんし、採用した後に、企業文化に合わないと判断された方はすぐに解雇するという徹底ぶりです。

トップが、どんなに最高のビールへのこだわりを持っていても社員が、同じようなこだわりを持っていなければ、ブリュードックの使命である「俺たちと同じくらい皆をクラフトビールの虜にする」ことの実現は難しいと考えているのでしょう。だからこそ、ブリュードッグはここまで企業文化を重要視しているわけです。

企業の戦略の話をする時に、企業文化の重要性について触れるとあまりピンとこない方が多いですが、実は企業戦略と企業文化は密接な関わりがあります。実は、戦略的にみてもユニークな企業文化に支えれた強みを持っている会社は継続的に競合優位を築けています。

例えば、ビジネスホテルのドーミーイン(「世界5位の実力。ビジネスホテル「ドーミーイン」は何が違うのか?」)は、「一人ひとりへの気配りの文化」に支えられた「快適さ」や「美味しい朝食」という強みで競争優位を実現していますし、メガネメーカーのフォーナインズ(「1本7万円から! 人気の眼鏡「フォーナインズ」が安売りしない理由」)は、最高の着け心地を実現することを追求する企業文化に支えられた「掛けていて心地よい」という強みで差別化しています。

その他にも、企業文化が強みを支えている企業はたくさんありますので、意識して観察してみるとおもしろいと思います。

今後、企業文化に支えられた「ブリュードック」の躍進がどこまで続くのか注目していきたいです。

◆戦略分析

■戦場・競合

戦場(顧客視点での自社の事業領域):ビールの製造・販売競合(お客様の選択肢):大手ビールメーカーやクラフトビールメーカー など状況:日本国内のビール類の市場規模は縮小傾向のようです。

■強み

「従来のビールでは体感出来ない美味しさ」

南国フルーツのような味わいにグレープフルーツのようなすっきりとした苦味(パンクIPA)

★上記の強みを支えるコア・コンピタンス

「強烈な企業文化」

ビールに対する熱い思い。最高のビールを造る自分が正しいと思うことをするDIY(Do It Yourself=自分たちでやる)主義完全に既存のルールを無視大手ビールメーカーを敵視

→パンクの精神

上記のような、個性的な企業文化が強みを支えています。

■顧客ターゲット

大手の造ったビールに満足できない方既存のビールが好きでない方本物志向の方

◆戦術分析

■売り物

「こだわりのクラフトビール」

パンクIPA

→既存のビールの35倍もの大量のホップを使い、フルーティな香りとグレープフルーツのような苦みが特徴のクラフトビールハードロックIPA

→ワールド・ビア・カップで金賞を獲得

その他にもビールコンテストで金賞を受賞したビールなど多数のこだわりのビールを揃えています

■売り値

「パンクIPA 330ml缶 24本:8,100円(Amazon価格)」

→ 1本あたり、約338円

■売り方

「マスメディアは使わない、予算はかけない、SNSを中心にしたプロモーション」

215種類のビールのレシピをすべて無料で公開パンク株

→クラウドファンディングの出資者に株主になってもらい、オンライン店舗での購入が20%引きになるなどの様々な特典を付与

■売り場

オフィシャルバー(日本では六本木に1店舗。世界各地に店舗を持つ)コンビニ、スーパーオンライン店舗

※売り値や売り物などは調査時の情報です。最新の情報を知りたい場合は、企業HPなどをご確認ください。

image by: 「ブリュードック」公式ホームページ

MAG2 NEWS