シンガポールの科学者はこのほど、ドリアンの刺激臭の秘密を明らかにした。これは「匂い遺伝子」によるものだという。

写真拡大

シンガポールの科学者はこのほど、ドリアンの刺激臭の秘密を明らかにした。これは「匂い遺伝子」によるものだという。新華社が伝えた。

研究に参加した遺伝学者は「分析によると、ドリアンには揮発しやすい硫黄化合物が含まれる。これは多くの人の、ドリアンに硫黄のようなニオイがするという見方を裏付けている。この発見は将来的に、ニオイがない、もしくはあっさりした香りの果物を開発できる可能性を意味している」と指摘した。

研究者によると、ドリアンの独特なニオイは、これにより動物を惹きつけ、動物が食べることで、種子を伝播させるという大自然の中で生き抜くための特殊な力なのだということだ。(提供/人民網日本語版・編集YF)