稲盛和夫氏に熱中する中国人。彼らが今、その教えに魅力を感じる理由とは?(写真:筆者撮影)

「なんだろう? これは……」

扉を開けるなり、異様なほどの熱気が伝わってきた。中国の南の玄関口・広州。指定された雑居ビルの中にあるインナーメーカーの会議室に足を踏み入れると、目をキラキラと輝かせた男女、約50人が一心不乱に講演者の話に耳を傾けているところだった。

「広州でこの日に『盛和塾』の勉強会があるようなのですが、ご興味があるのなら、取材できるか、連絡してあげましょうか?」

全塾生の3分の1が中国人

広東省在住の友人から紹介されたのが盛和塾だった。日本を代表する経営者、稲盛和夫氏の「人生哲学」や「経営哲学」を学ぶ勉強会、それが盛和塾だ。国内外に1万人超の塾生がいるが、中でも人気が高いのが中国。なんと全塾生の3分の1に当たる3600人が中国人といえば、驚く人もいるのではないだろうか。

なぜ、稲盛氏の教えがそんなに中国人に受け入れられるのか? 稲盛氏のどこに中国人は魅力を感じるのか?

中国の書店をのぞくと、ほとんどの店で稲盛本は平積みされていて、つねに大人気であることは以前から知っていたが、実際に塾生の生の声を聞いてみたいと思ったのだ。

会議室には張りのある元気な声が響いていた。

「会社が行き詰まったとき、経営で悩んでいたとき、稲盛先生のご著書がどれほど私の助けになったかわかりません。毎日熟読しています。稲盛先生の教えで、この会社も、私も救われたのです」

こう熱く語るのは同インナーメーカー「熳潔儿(マンジア)」の女性社長、張東吟氏。熱心に耳を傾ける塾生たちの机の上をのぞいてみると、稲盛氏の著書が何冊も置かれていた。


インナーメーカーの会議室に貼られていた稲盛氏の教え(写真:筆者撮影)

中でも最も有名な『活法』(邦題:『生き方』)は2005年に中国語版が出版され、海賊版なども含めると300万部を超すベストセラーになっている。どの塾生の本もこなれていて、熟読していることが一目でわかる。

取材した日は平日だったが、参加者は30〜50代の広東省在住の中小企業の経営者や幹部たち。勉強会は前日から続いていて、この日も朝から夕方まで1日8時間、稲盛氏の本を読みながらディスカッションしたり、自社の経験談を発表したりする、というから驚いた。共通の目的があるからか、とにかく会議室全体に、ものすごいパワーやエネルギーがみなぎっている。

昼休み、張氏に話を聞いた。張氏は40代半ば。広東省出身で、女性用インナー市場の拡大を予測して1997年に広州で起業。2003年から加盟店を募って広東省内で事業を拡大していったが、次第に業績が伸び悩むようになった2011年ごろ、盛和塾の存在を知り、塾生になったという。

悩める経営者たちの心に刺さる

「がむしゃらに働いているのに、だんだん業績が上がらなくなった時期がありました。自分には何かが欠けているのか、会社をもう一段、成長させていくにはどうしたらいいんだろう、と悩んでいたときに盛和塾と出合い、『利他』の精神を学んで感動しました。私も含め、中国人にはまだあまりできていない考え方ですが、この考え方が広まり、他者に思いやりを持って接していけば、視野が広がり、経営の面でも突破口が見えてくるのではないか、と考えるようになりました」


塾生たちの机の上には、稲盛氏の著作が何冊も置かれていた(写真:筆者撮影)

稲盛氏の著作では、他人に尽くす「利他」の精神がふんだんに説明してある。また、大家族主義的な経営や、老子や孔子にも通じる中国的な道徳心を思い起こさせてくれる教訓もちりばめられている。

本家ともいえる中国では忘れ去られようとしていた「思いやり」や「道徳」は隣国の日本で大切にされ続け、日本人が実践し、経営にも生かしている。しかも、稲盛氏は日本の経済界をリードして、大成功を収めた人物だ。そして現に、日本は経済的に、これまでずっと中国の前を歩いてきた。その事実が今、右肩上がりの経済成長が終わりを迎えつつある中国で、悩める経営者たちの心に刺さっているのだ。


盛和塾の勉強会で熱心に聞き入る中国人たち(写真:筆者撮影)

中国人の経営者というと、とにかく元気で、脂ぎっていて、早口で、アグレッシブで強靱な体力の持ち主。そんなイメージを持つ日本人が多いかもしれないが、多くの経営者たちは、ただ前に向かって突き進んでも、以前と同じような経済成長は望めないこと。また、お金儲けという目的だけでは会社は立ちゆかなくなる、ということに薄々気づき始めている。

中国人=お金の亡者、というイメージを持っている人もいるかもしれないが、それは日本のマスコミによって作り上げられた面もあり、必ずしもそんなことはない。中国=反日という一方的なレッテル貼りをする傾向もあるが、「彼が日本人だから」尊敬しない、という理由は、少なくとも私が知り合った中国人たちの間にはほとんどない。

低成長時代に入る中で、新たなビジネスモデルへの脱皮に苦戦し、経営方針で悩んでいる経営者たちは「心の指針」を探している。そんな中で注目されているのが尊敬する稲盛氏の盛和塾であり、彼の著書なのだ。

人材教育を重視するべき

広州から車で約3時間、同じ広東省東莞市にある日系企業、技研新陽を訪ねた。同じように稲盛氏を信奉し、深圳盛和塾を立ち上げた経営者、郭文英氏に会うためだ。50代を迎えたばかりの郭氏は小柄で童顔の女性だが、1万人以上の社員を束ねている。日系といっても、社員の99%以上は中国人だ。

叩き上げで社長になった郭氏だが、20〜40代の頃、ちょうど広東省は高成長の時代で、業績は上がり続けた。しかし、リーマンショックを契機に情勢は変化した。経営者として苦悩した郭氏は人材教育を重視するべきだと考えるようになった。同社は基板などのOEM生産が主軸だが、会社にとっていちばん大事なのは人材だと気づいたのだ。

大学時代に読んだ松下幸之助氏の著書にある「ものづくりは人づくり」という言葉を思い出し、入社してくる17〜18歳の若い社員に対し、技能研修だけでなく、あいさつや礼儀作法も一から教えた。

いつも頭にあるのは「おカネも大事だけれど、おカネ以外に社員の心を動かすモチベーションがなければ、彼らはやる気を起こさないし、ついてこない。人は物事を学ぶことによって成長する」という信念だ。

そんなとき、盛和塾と出合った。2015年に上海で盛和塾の報告会に参加する機会がたまたまあり、経営者たちの体験談を聞いて感動したのだ。自分も稲盛氏の経営哲学を勉強し、実践してみたいという思いが募った。

「塾に参加したり、著書を読んでいちばん強く感じたのは、おこがましいのですが、自分が20年以上、この会社で実践してきたことは正しかったのだ、と確認できたことでした。これはとても大きな自信になり、感動しました」

「稲盛先生の教えは、四川省で苦労して育ててくれた母の教えと驚くほどぴったりと重なるものでした。母は文字が読めず無学でしたが、人としてどう誠実に生きるべきか、稲盛先生と同じことを考え、私たち子どもに愛情深く教えてくれていたからです」

中国では1960年代後半に起きた文化大革命によって、儒教の教えが全面的に否定された時期があった。その後、経済が右肩上がりになったときには、人々はお金儲けに忙しく、生きることに精いっぱいで、倫理観や道徳をないがしろにしてきた人も多かった。その結果、列に並ばない、人をだます、悪いことをしても謝らない、誰も信じない人が増え、殺伐とした時代が続いた。

だが、郭氏の話を聞いていると、中国人の美質は、中国から完全に根絶やしになってしまったわけではなかったのだ、ということに気づかされる。経済成長が緩やかになった今、張氏や郭氏のように立ち止まり、「利他」を考える経営者が増えているのだ。

郭氏は故郷の母の教えに加え、稲盛氏の教えを心の支えとすることで、ますますエネルギッシュに仕事に邁進できるようになったという。

拝金主義だけでは中国は滅びる

しかし、若い社員に対しては難しい課題もある。

「今の若者たちは幼い頃から恵まれた生活をしています。かつて、農村出身の出稼ぎ労働者は給料の大半を両親に送金したものですが、今ではそういう子は少なくなりました。就職前からスマホを持っていて、休憩時間もずっとスマホをいじっている。中国は物質的に豊かになったのに、今の若者ははたして幸せといえるのだろうか。どうしたら彼らを育てていけるのか、と考えます」

農村から広東省の工場に出稼ぎにやってくる若者の数は年々減っている。農村もある程度豊かになり、わざわざ都会に出て働かなくてもよくなってきているからだ。そのため、日系に限らず、どの工場でも人手不足は深刻だ。

郭氏は言う。

「昔のように、“上から目線”で若い社員に接してもついてきませんし、すぐに会社を辞めてしまいます。彼らの考えや境遇を理解し、彼らに寄り添い、ともに成長していこう、という気持ちで付き合うことが大事。どうしたら彼らがモチベーションを持つか、を考えなければいけません。すでに経済的に恵まれている彼らにとって、モチベーションとなるのは“成長”です。自分はこの会社で成長できる、と思えばやる気が出てきますし、会社への忠誠心も芽生えます。内面に訴えかける時代なのです」

「稲盛氏の著書に書かれているように、夢を持って、何事にも一生懸命取り組んでいく、そうした“背中”を見せなければ、後進は育たないと思います。稲盛氏のお話や著作からもっと謙虚に学ばせていただきたい。そう思っています」

拝金主義だけでは中国は滅びる。会社も自分も成長しない。そんな危機感を持った経営者たちが今、日本人の稲盛氏の人生哲学を熱心に学んでいる。


私は新著『なぜ中国人は財布を持たないのか』の取材のため、今年の春から夏にかけて中国各地を歩いたが、スマホによるキャッシュレス社会の実現など、一気に日本を抜き去った華やかな面がある反面、まだ多くの点で、中国(人)は日本(人)がかつて歩んできたのと同じ道を歩み、迷い、悩みながら前に進んでいる。

盛和塾で学ぶ経営者たちによると、ここ広東省だけでなく、新しい経営に取り組むため、中国の伝統的な国学を学んだり、海外まで企業研修に出掛け、寝る間も惜しんで努力している中国人が増えているという。

中国のあらゆるところで“地殻変動”が起きているのではないか。ボロボロになるまで読み込まれた稲盛氏の本を眺めながら、私は強くそう感じた。