高速ドリブルやフローターシュートを武器とする富樫選手。日本バスケ界のエースだ(撮影:佐藤主祥)

2年目を迎えたプロバスケB.LEAGUE(以下Bリーグ)でひときわスピード感あふれるプレーでゴールを重ね、存在感を放っている選手がいる。千葉ジェッツの富樫勇樹選手。24歳ながら日本、アメリカと異なる国でプレー経験を持ち、国際的な視点で日々バスケットボールと向き合っている。悲願の東京オリンピック出場に向けて、最も注目されている富樫勇樹選手が、挑戦し続ける原点から今を語った。

――バスケットボールをどんなきっかけで始めましたか。

小学校1年生のとき、両親が学生時代にバスケをしていたので、父がコーチをしてくれたことがきっかけです。半分無理やり、練習場に連れて行かれて始めたという感じです。最初は、やりたくて始めたわけではなかったです。

最初の大きな決断は中学を卒業した15歳

――中学時代には監督の父親の下で全国優勝も経験します。指導はどう感じていましたか。

特に父が監督だからという意識はなく、怒鳴ったりもしていたから、本当に他のチームの監督と変わらないです。練習中にコート上で怒られても、家に帰ったら父がいて嫌な感じでした。なので、家や部活でも基本無視していました(笑)。ちょっと難しい時期だったのかもしれません。

――15歳でのアメリカ挑戦は父親の影響もありましたか。

父の影響ではなくて、周りが「アメリカに行ってみなよ」と後押ししてくれたことが大きかったです。多少は悩んで行きましたが、言語が違うところに行く大変さもそんなに考えず、とりあえず行ってみようと思いました。英語を一生懸命に勉強したわけでもなく旅立ったので、英語の面がまず大変でした。

――コミュニケーションでは単語帳を作って覚えてという感じですか。

最初はまったくできなかったですよ。ひたすら単語を覚え、単語を並べて話していて、コミュニケーションもままならなかったです。寮生活を通してバスケ部のメンバーと24時間365日一緒にいて、だんだん成長してなんとかやっていくという感じでした。


とがし・ゆうき/1993年、新潟県生まれ。中学卒業後、単身渡米しバスケ留学。2012―2013シーズンに秋田ノーザンハピネッツ入団、bjリーグ新人賞。2014年渡米、ダラス・マーベリックスと契約。日本人2人目のNBA契約選手となる。同年Dリーグのテキサス・レジェンズでプレー。2015年より千葉ジェッツ。2017年天皇杯で大会ベスト5、オールスターMVPに選出。身長167僉現在24歳。(撮影:佐藤主祥)

――アメリカでの高校3年間でプレッシャーに打ち勝つ秘訣は何でしたか。  

いやー、打ち勝つ秘訣は何でしょう。そもそも高校のときは、自信なく3年間やり過ごしたようなものなので。

実際、活躍できたときも自信を持ってやっていたわけではないですし、思いどおりに行かないことも多く、なんとか試合に出場させてもらったりしましたが、自分のプレースタイルで勝負もできませんでした。

今思えばあの3年間の経験があったから成長したと思いますが、良い思い出と感じたことはまったくなく、試合をしていて満足感を感じたことはあまりなかったです。

僕のターニングポイントは2つある

――自分のターニングポイントはこの15歳でのアメリカ挑戦だったと考えていますか。

アメリカもそうですし、日本に戻ってきてプロとしてやりはじめたのもターニングポイントとして考えています。その2つはすごく大きいと思います。

――過去のインタビューで自分は他の23歳とは違う経験をしてきたと語っています。

人と違うことをやろうと思ってきたわけではなく、他の人が選択しないような環境に若いうちから挑戦をしてサマーリーグ(NBAのシーズンオフに行われるリーグ戦)は20歳、Dリーグ(将来のNBA選手を育成する目的のプロリーグ)は21歳と、同年代とは違う経験を積むことができたことは自信につながっています。さっき話した、2つ目のターニングポイント。アメリカから帰ってきて大学に行かずに日本でプロになり、20歳でアメリカに再挑戦できたので、そこは大きかったと思います。

――再挑戦したアメリカでいちばん印象に残っていることはなんですか。

Dリーグは自分の気持ちの問題だったので、自分がもっとアピールすれば良かったとは思います。

現地での自分のプレーやプレータイムも納得のいくものではなかったです。ただ、高校のときにアメリカに行っていたので、そこまで大きな衝撃は受けませんでした。高校のときは同い年でもこんなに身体能力が違うのかと驚いたことが結構ありました。チームメートもトップレベルでしたし、高校で対戦した選手がNBAに行ったり、レベルが段違いでした。その経験もあり、想像していたことと大きな違いはなかったです。


ポイントガードのポジションは「コート上のコーチ」とも呼ばれ、ゲームを作る存在だ(撮影:佐藤主祥)

――日本とアメリカを経験して、日本の良さとはどう感じていますか。

どうですかね。バスケに関しては日本の良さを見つけるのが難しいですね。

どのレベルでもアメリカの方が上だと思いますし、トレーニング方法、練習施設も向こうは十分に整っています。スキルトレーニングも含めてアメリカのバスケが強い理由がわかります。

短時間でいかに集中して練習できるかが重要

――勝手なイメージですが、日本の良さとして日本人はマジメに練習に取り組む勤勉さといったことはないのでしょうか。

それが良いこともあるのですが、日本人の課題として、「コーチの言ったことしかできない、クリエーティブがない」といったことにつながっていると思います。アメリカに行くと自己主張の使い分けや限度も必要ですけど、自分でいろいろと(シュートだけでなくパスやドリブルなど試合を)クリエートしていく部分ではアメリカの方が上だと思います。

逆を言えば、日本の場合は正直なことを言うとメリハリがないですし、高校の部活でだらだらと長時間練習をしていることだってあります。メリハリの部分については、アメリカとすごく差を感じたので。1時間半なら1時間半と決めて、集中して練習に取り組んでいました。

――現在、千葉ジェッツのPG(ポイントガード)をしていて司令塔としての役割はどのように感じていますか。

司令塔としてリーダーシップをとるという部分で、外国人選手とは積極的にコミュニケーションを取るようにしていますね。自分が思っていることを明確に伝えて、意見交換を大事にしています。とはいえ、周りのみんなが思うほど、細かく考えてバスケをしているわけではないですよ(笑)。

――Bリーグが昨年始まって、選手として自分自身の見せ方が変わったということはありますか。

Bリーグが始まったとかはあまり関係ないです。チームの上層部からは見出しに残るようなコメントを期待されますけど、僕は変に自分のキャラクター作りとかはせずに、ありのままでやれば良いと感じています。  

僕は、アメリカにいたからというのもあるかもしれませんが、普通にキツイこと言いますし、(メディアに)ネガティブに書かれることだってありますからね。差別とかはもちろん駄目ですけど。アメリカの選手たちは年上の先輩選手に対して、「あの人は全然うまくない」とか普通に言いますもん(笑)。

ただ、多くの日本人選手はそういうことを言わないですし、マジメに「チームのおかげで勝てた」と柔らかい感じで言いますよね。そこがアメリカと違うところで、日本の場合は細かく見られすぎている部分があります。スポーツマンシップがどうとか、一つひとつの言葉に細かく反応しすぎだなと思うところはあります。

――富樫選手にお会いする前は、日本人的な方だと思っていました。

いやいやそんなことないですよ。試合中になんか言ったりしますもん(笑)。アメリカ人のように暴力的に言うことはないですけど。実際、高校時代も、2回目にアメリカ行ったときもスゴイ言われましたからね。まずこの身長ですし、アジア人なんていないですからね。高校のときも、観客のヤジで「あのちっちゃいアジア人のところを攻めろー」と言われたこともありましたもん。


取材当日の練習時にはフリースローや3ポイントシュートが次々とリングに吸い込まれていった(撮影:佐藤主祥)

――2020年の東京オリンピック出場を期待されています。そこに向けての課題はなんですか。

フィジカルを鍛えることはずっと言われていることです。ディフェンスではあまり貢献できなくても、オフェンスの方でもっとアグレッシブにゴールに向かって、個人技を磨いていきたいです。

個人のレベルアップをやっていかないとチームのレベルアップができないということは2014年のアジアカップのときから、今もずっと言われていることなので、そこは意識してやっています。

休日にバスケする感覚の方がうまくいく

――注目されていることがプレッシャーに感じるときはありますか。

言い方悪いですけど、休みの日に遊びにきた感覚でリラックスしてやる方が良いプレーができます。もちろん、試合で勝たなきゃいけないと集中もしていますけど。休みの日にみんなでバスケをしている感覚でやった方が自分らしい良いプレーができると思うので、そこは意識しているというか、緊張というのもあまりしないタイプだと思います。


千葉ジェッツふなばしは千葉県船橋市がホームタウン。ホームコートの船橋アリーナには各選手のサインが飾られている(撮影:佐藤主祥)

――今シーズンの見どころを教えてください。

千葉ジェッツは走るチームだと去年のシーズンからも感じてもらっているし、そこは魅力だと思います。

千葉はブースター(ファン)がすごく多いと有名で、演出もつねに進化しているチームだと思うので、来ていただけたらバスケの試合はもちろん、試合以外でも楽しめると思います。ぜひ1度観戦に来てほしいです。