画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●「国内コンプ」の基準はなにか

この秋もポケモンGOクラスタは大忙しです。8月の「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」以来大きなイベントは開催されていませんが、ミュウツーがゲットできる「EXレイド」のフィールドテストが行われていたり、伝説のポケモンであるスイクンやライコウが出現したりと、話題は尽きません。そこで、担当編集の藤谷さんに近況報告をすべく、マイナビニュースの編集部に行ってきました。

藤谷: あ、久しぶりです。ポケモンGOの記事を出したいんですけど、最近は大きなリアルイベントも開催されていないですし、何かネタないかな〜と思っていたところです。

岡安: なるほど。EXレイドとか、第2世代の伝説ポケモンのレイドバトルとか、それなりに注目すべきポイントはあるんですけどね。まあ、個人的な話をするなら、国内に出現するポケモンは一応コンプリートしました。

藤谷: おお、おめでとうございます。ポケモンGOに関してはオーソリティな雰囲気を醸し出していたわりに、まだコンプしていなかったんですね。

岡安: そんな雰囲気は醸し出していないですけど。相変わらず辛辣ですね。

藤谷: 国内コンプとなると、いったい何種類になるんですか?

岡安: 240匹ですね。地域限定ポケモンを入れると245匹です。

藤谷: 岡安さんは240匹捕まえたんですね。

岡安: 正確に言うと242匹です。シカゴの「Pokémon GO Fest」で捕まえたヘラクロス(中南米限定)と、横浜の「ピカチュウ大量発生チュウ!」で捕まえたバリヤード(ヨーロッパ限定)があるので。地域限定ポケモンでまだ捕まえていないのは、ガルーラ(オセアニア限定)、ケンタロス(北米限定)、サニーゴ(赤道周辺限定)ですね。

藤谷: あれ、サニーゴって日本でも捕まえられなかったでしたっけ。確か沖縄とかで。

岡安: まあ、そうですが。

藤谷: ああ、自分の中で「国内コンプ」の基準を低くしたんですね。まったく甘やかしですね。

岡安: ……。

藤谷: 最後にゲットしたポケモンって何だったんですか?

岡安: 実はサワムラーでした。野生のサワムラーになかなか出会えなかったので、タマゴから孵ったバルキーをサワムラーに進化させようと思ったんですが、カポエラーになるHPが高いものか、エビワラーになる防御力の高いものしか出なくて。6匹めにしてやっと攻撃力の高いバルキーが出てくれました。

藤谷: まあ、サワムラー見かけませんよね。意外といえば意外ですし、妥当といえば妥当な感じですね。伝説ポケモンも全部ゲットしたんですか?

岡安: 伝説ポケモンは、第1世代のサンダー、ファイヤー、フリーザ、ミュウツーのほか、第2世代のルギア、スイクン、ライコウをゲットしています。

藤谷: ミュウツーは横浜のイベントでゲットしましたよね。あれは楽しかったなあ。EXレイドのフィールドテストはまったくお呼びがかかりませんが。

●EXレイドにまつわるウワサ

岡安: 実は1度、EXレイドのお誘いは受けていたんです。参加はできなかったんですが。

藤谷: え、なんで参加しなかったんですか? というか、どうして岡安さんにはお呼びがかかるんですか? あれですか、またナイアンティックに裏から手を回したんですか?

岡安: またって言うな。そんなことしてませんから、人聞きの悪いことを言わないでください。行けなかったのは、東京ゲームショウの取材とかぶっていたからですよ。

藤谷: それはもったいなかったですね。

岡安: 定期的に招待しているみたいなので、またそのうち来るかもしれませんがね。

藤谷: EXレイドはパートナー企業のジムでしか発生しないって聞いたんですけど、本当なんですか?

岡安: 状況が変わることもあるでしょうし、現在はどうなっているのかわからないですが、当初はそうだったみたいですね。私のところに来た招待も、マクドナルドのジムで開催されるものでした。条件としては、そのジムで1度でもレイドバトルをしたか、ということのようです。

藤谷: だから一時期、伝説ポケモンの出現期間でもないのに、レイドバトルが盛んになっていたんですね。パートナー企業のジムのレイドバトルに参加しておくことで、EXレイドに招待される確率を上げようって魂胆でしたか。

岡安: あと他に報告することといえば……あ、金のコイキングがようやく出ました。

藤谷: いいなぁ。金のコイキング。

岡安: 「Pokémon GO Plus」でいつの間にかゲットしていたので、出現したときの感動はなかったんですけど。

藤谷: あら、それはちょっと残念でしたね。ところで、ポケモンをコンプリートしたら、やることがなくなっちゃいませんか。11月24日〜26日に鳥取県で開催される「とっとりGO」も、目玉となるポケモンはバリヤードとアンノーンのようですし。どちらも捕まえましたもんね。

岡安: いやいや、まだやることはありますよ。伝説ポケモンのレイドバトルは続きますし、捕まえた伝説ポケモンを強化するためにふしぎなアメも集めてます。

藤谷: そういえば、今年もハロウィンのイベントはやるんですかねー。ゴースやゴースト、ゲンガーなどはすでに持っているのでいらないのですが。

岡安: そうですね。第2世代のポケモンでゴーストタイプはムウマくらいですし、あとイメージに近いものといえば、クロバット、ブラッキー、ヤミカラス、ヘルガーくらいでしょうか。これらが出てもちょっと物足りないかもですね。

藤谷: 昨年のことを考えると、11月にメタモン (当時は伝説ポケモンと並んで実装されてなかった)がしれっと追加されていたので、第2世代のポケモンでまだ登場していないドーブルやデリバードが出るかもしれないですね。あとは、そろそろ第3世代(『ポケットモンスター ルビー・サファイア』に登場するポケモン)が追加されてもいい頃かと。

岡安: なかなか鋭いですね。時期的に考えると、確かにあってもおかしくない。あと、ナイアンティックが「トレーラー映像で流れていることはすべて今年中にやりたい」と言っていたのですが、その中でまだ実装されていない「トレード機能」をどうするかですね。これは結構難しい気がします。

藤谷: どうしてですか?

岡安: 図鑑を埋めるのが目的なら、トレード機能を使えば簡単にできてしまうからです。ロールプレイングゲームの『ポケットモンスター』シリーズには対戦する楽しみがありますけど、現時点のポケモンGOはやはり集めることに楽しみが集中しているので、それが薄まってしまうかもしれないですね。

藤谷: ああ、そうとも言えますね。まあ私としては、コンプにはまだまだ遠いですし、11月に始まるエンテイのレイドバトルと、ミュウツーが獲得できるEXレイドが終わってから新要素が加わっても遅くないかなと。

岡安: そうですね。ポケモンGOは自分のペースで遊ぶのが一番ですよ。他のプレーヤーと競い合う要素は少ないので。あまり根詰めてプレイしても、自分の中で「ポケモンGOの寿命」を短くしてしまうだけですからね。個人的には、海外の地域限定ポケモンを含めたコンプリート、アンノーンの全種類制覇、ポケモン図鑑のオスメス制覇……と、まだまだ寿命が尽きる気がしません。

藤谷: ということで、アフター5でポケモンGO! もまだ続く……のかな?