平日でもこの完成度!浦和の「コレオ」はやっぱり日本一だ

写真拡大

18日(水)に行われたAFCチャンピオンズリーグの準決勝第2戦。

浦和レッズはホームで上海上港を1-0で下し、10年ぶりに決勝進出を決めた。

そんな大一番に向け、流石に浦和のサポーターも気合いが入っていた!選手がピッチに登場する際、ゴール裏のファンが描いたコレオグラフィーは…

"THIS IS URAWA"の文字!

その文字は非常に美しく、スタジアムのどこにいても識別できる力強いものだった。

文字のコレオはなかなか難しいのだが、流石は日本一と呼ばれるだけのサポーターである。

このコレオを見た浦和の選手たちはいっそうモチベーションを高め、また相手サポーターには重圧を与えたに違いない。

この試合のキックオフは午後7時30分。

平日のナイトマッチでありながらスタジアムには4万4357人のファンが押し寄せ、そのそれぞれが赤いプラカードを掲げ極上のムードを演出していた。

なお、この日の観客動員数はプレシーズンマッチのドルトムント戦(5万8327人)、J1の鹿島アントラーズ戦(5万7447人)、大宮アルディージャ戦(4万5411人)に次ぎ、今季で4番目の数字である。

平日にこれだけの人数を集める浦和はやっぱり凄い…。

槙野智章は試合後、ともに戦ったサポーターについて以下のように話している。

槙野 智章(浦和レッズ)

「今日は本当に自分たちの力だけじゃなくて、平日にもかかわらずたくさんの方が来てくれた。

試合前とハーフタイムと試合後の雰囲気は、今季はなかなか感じられなかったもの。

『みんなでこの大会を獲りに行こう』という雰囲気を、僕たちからもそうだけど、スタジアムに来ているファン・サポーターからも感じた。

間違いなく12番目の(選手の)力があったと思う」

浦和は10年ぶりとなるアジア一を目指し、サウジアラビアのアル・ヒラルと対戦する。