次世代技術と次世代デザインが明らかになる!

 マツダ株式会社(以下:マツダ)は、2017年10月25日から行われる(一般公開は10月28日から)第45回東京モーターショーにて、今後導入予定の次世代商品部門の新しい道を切り開くコンセプトモデル(以下、次世代商品コンセプトモデル)と、次世代デザインの方向性を示唆するコンセプトモデル(以下、次世代デザインビジョンモデル)の2台を発表する。

「マツダは『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」をテーマに掲げ、走る歓びにあふれるカーライフによって人生を豊かにし、ユーザーと特別な絆を持つブランドになることを目標にしている。

 次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを組み合わせた世界初公開のコンパクトハッチモデルである。

 このモデルでは、ガソリンエンジンでの圧縮着火制御を世界で初めて実用化した「SKYACTIV-X」と、各機能を最適化し、ダイナミクス性能を高めることにより人間の能力を最大限に発揮できる次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用しており、次世代デザインと共にコンパクトハッチバックにマツダの理想を凝縮している。

 次世代デザインビジョンモデルは、CX-5登場以来、世界的に高評価を受けている「まるで命が宿っているかのような美しい表現を放つ魂動デザイン」をさらにグレードアップさせた次世代デザインを表現している。

 さらにマツダブースには、このほかにも「マツダCX-8」と「マツダ ロードスター」の特別仕様車を出品する予定だ。今年12月に国内発売予定のSUVの最上級モデル「CX-8」は、パワフルな走りを実現したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」を搭載した新型3列シートクロスオーバーである。

「マツダ ロードスター」特別仕様車は、ダークチェリーカラーの幌や、オーバーン(赤褐色)の通常よりも柔らかさとしなやかさを向上させたナッパレザーを使用したインテリアを備えている。また、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」の技術展示も行われる。