今年7月、内燃機関のみを搭載したモデルを2019年から廃し、その後ラインナップを電動車(EV、PHV、マイルドHV等)へと転換する計画を明らかにしたスウェーデンの自動車大手「ボルボ」。

同社は電動車を将来の事業の中心に据え、傘下の「ポールスター」ブランドを電動車開発に特化。2019年から2021年の間に発売する5モデルのEVのうち、2モデルをポールスターブランドから登場させるとしています。

そうしたなか、10月17日に同ブランドからスポーツタイプの4人乗りPHV「ポールスター1(ワン)」が登場。

ボディに軽量なカーボンファイバーを採用しており、大容量バッテリーとモーターの組み合わせにより、最高出力600hp、最大トルク1000Nmというハイパワーを発生。2019年半ばに本格生産を開始するそうで、日本を含む世界市場に投入する計画のようです。

同社は引き続き、2019年末までに普及版となるコンパクトタイプやSUVタイプのEVについても生産を開始するそうで、これが前述の2モデルに相当する模様。

「ポールスター」から登場するEVが、このジャンルで先行する「テスラ」等にも影響を与えるのは必須と予想され、2019年以降、世界的なEV普及情勢にいっそう弾みがつきそうです。

(Avanti Yasunori・画像:Volvo Polestar)

ボルボが2019年以降に「ポールスター」から2車種の本格EVを投入!(http://clicccar.com/2017/10/19/522170/)