OnePixcel・鹿沼亜美&田辺奈菜美が憧れの一人暮らしを妄想!?

写真拡大

OnePixcelが初のフルアルバム『monochrome』をリリースし、10月22日(日)には東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREで「2nd Anniversary LiVE」を開催する。それを前に、メンバーの鹿沼亜美、傳彩夏、田辺奈菜美にインタビュー。アルバムやライブに加え、日常生活についても聞いた。

【写真を見る】田辺奈菜美は“DIYアイドル”に興味あり!?

インタビューその(2)では、学校でのエピソードや趣味などについて語ってくれた。

【OnePixcel “らしさ”てんこ盛りの1stフルアルバム「monochrome」をリリース! より続く】

――最近の学校生活は楽しいですか? 席替えしたってTwitterでつぶやかれていましたね。

田辺:席替えした!

傳:私は隣が壁です。

田辺:一番前の席になったんで、逆に寝られてます。前までは、真ん中の列だったんですよ。寝られないし、内職もできなくて。

傳:内職できないのはキツいね。

田辺:そう。次の時間テストでも、何もできないじゃん。だから、前の席になって全力で内職してるの。

鹿沼:全然しちゃうんだけど、亜美。先生に注意されても、やっちゃいます。

――反抗期というか、わんぱくというか。

鹿沼:そうです! 元気なんです!!

――学校ではどんな事が流行ってるんですか?

鹿沼:基本、3人とも今のJKっぽくないんですよ。周りの子は“インスタ映え”って言ってますね。例えば、このコップがピンクだったら「えっ、待って! インスタ映え!! 超可愛い!」みたいな。

傳:ネイルとか空を撮ったりとか。

田辺:私たち、「(食べ物が目の前に)あっても食べる!」みたいな。

傳:撮ってないからね。

鹿沼:これ(取材時に注文したデザート)も撮ってないじゃないですか。

――確かに、すぐ食べてましたね。

鹿沼:「アイス、とけたわー!」みたいな。

田辺:携帯に付ける輪っかみたいなの流行ってない? みんな付けてる。

傳:何だろう、流行ってる物…。

鹿沼:やっぱり、“インスタ映え”ですね。あと、文化祭とか体育祭とかになると、インスタ映え目当てで、メガホンとかをオシャレにして首から下げたり、頭にリボン着けたりするんですけど。そういう事が分からなくて、文化祭当日になって「これやろう」って言われて、私もやったんですけど。そう言われるまで知らないっていう事が多いんですよ。インスタ映えのために、スパンコール付けて、めっちゃ自分を飾ったりとか。

田辺:ディズニーみたいだね。

鹿沼:そう、流行ってるんですよ。

傳:私はインスタ好きなんで。でも、インスタ映えっていうか、検索で食べ物とかめっちゃ調べてます。「卵」って打って卵の割れる瞬間を見たりとか、「チーズ」って調べてチーズが伸びてる写真とか動画を見てます。

田辺:YouTubeの方が良くない?

傳:2人はYouTubeが好きだよね。

田辺:YouTube見るの大好き。でも、最近はYouTubeについていけてないです。私もYouTuberの動画は何回も見てるんですけど、友達から「YouTuberの誰々がめっちゃ可愛くて、面白くて」とか言われると、訳が分からなくて。いろんな人がいるんじゃん。亜美は多分、分かるけど。色んな知らない名前を言われて、分からないので、もう今は放置してます。

鹿沼:YouTuberだね、今は。テレビよりYouTube見てる時間の方が、絶対多いですね。私、テレビを全然見ないですもん。Wi-Fiと携帯があれば、もう生きていけます。

――どんな動画を見てるんですか? お笑いとか?

田辺:お笑いも見る!

鹿沼:お笑いも見るけど、やっぱYouTuberだったら王道みたいな。「〜をやってみた」から検証、ドッキリまで。

田辺:メイク動画も見ます。あと、家のDIY的な。

鹿沼:見る、見る!

田辺:「100均で何々買ってきて!」っていう動画とか。

鹿沼:私、ニトリが大好きなんですよ!

田辺:超大好きなんです。

鹿沼:ニトリ、IKEAが好きで、家具を見てます。

田辺:間取り図も好きだもんね。

鹿沼:そうそう、紙に6畳間を書いて、「ここがドアで、ここが窓で、ベッドをここに置いて」って考えるのがすごい好きなんですよ。そのために、家具を見にいくのが好きで。学校帰りにニトリ行って、ソファの座り心地とかを。

傳:それ、買うの?

鹿沼:買わない。

傳:何をしに行くの? 見てどうするの? 買わないんでしょ??

田辺:楽しいの!

鹿沼:「将来、1人暮らしをした時に、こういう感じがいいな!」っていうのをイメージしてる。

傳:将来の家が決まってないと意味ないじゃん。

鹿沼:いいんだよ。それが楽しみなの。

田辺:こういう壁にしたいな!とかね。

傳:妄想が楽しいんだ。

田辺:そう。こういうお風呂がいいなとか。

鹿沼:キッチンはこういうカゴを置いてとか。

田辺:「100均でこれ買って、こういうDIYして、ここに置こう!」みたいな。100均なのに、可愛くできるんですよ。

鹿沼:ステッカーとかも、3COINSで売ってるので。レンガのシートとか。

――DIYアイドルって、なかなかいなさそうですね。

田辺:DIY、大好きですよ。

鹿沼:DIY、カモン!です。

田辺:いいよね。盛り上がっちゃった!

――ちなみに、ニトリの方がIKEAよりお薦めですか?

田辺:IKEAよりニトリ派なんですよ。

鹿沼:分かる!

田辺:部屋のタンスもニトリだし、ベッドもニトリだし、机もニトリなんですよ。本棚もニトリ。

鹿沼:でも、最後に言わせていただくと、Amazonも良い! Amazonの机が欲しいんですよ。ちゃんと引き出しも付いてて、パソコンとか置けて。

田辺:大学生っぽいの?

鹿沼:そう、大学生っぽい机。

田辺:私も欲しい。

鹿沼:大学生に憧れるんで。

田辺:ライトは別で買って!みたいな。憧れる!

鹿沼:使わない気がするけどね。

――パソコンは結構使うんですか?

鹿沼:使いますよ。動画編集とか、一時期練習してて。

――YouTuberになれるかもしれませんね。

鹿沼:YouTuber、なりたかったんですよね。でも、ダメって言われて。

田辺:ダメだよ。

傳:1人でやってますね。

田辺:1人で「ピントが合わない!」とか言って。

鹿沼:やりたいんですよ!

傳:誰も撮ってないし、誰も見てないのに、1人でやってて。“見てアピール”がすごいです。

田辺:その時、私たちは無言でメイクしてるんですよ。

鹿沼:いいんですよ。1人の世界があるし、自分が楽しんでるんで、いいんですけど。「鹿沼スタイル」、多分流行するよ。

【ロングインタビューその(3)は10月20日(金)アップ予定】