北海道帯広市内の帯広畜産大学構内に、非常に珍しいという野生の「白いエゾリス」が現れるようになり、写真愛好者らが次々に訪れる騒ぎになっている。

中には、餌付けする人などもいるといい、マナーの悪さも指摘されている。

遺伝子異常が原因とされるアルビノか


写真は、帯広畜産大学提供

少し大きめの白いリスが、木の根元近くで松ぼっくりをつかんでいる。中には、好物の実が入っており、剥ぎ取って食べようとしているらしい。これは、帯広畜産大学からJタウンネットが2017年10月18日に提供してもらった写真だ。

10月初めには、北海道斜里町内の山中で黒いキタキツネが見つかって、Jタウンネットでも報じたが、今度は白いエゾリスがツイッター上などでも話題になっている。

帯広畜産大の総務課によると、白いリスは、17年に入ってから学内などでうわさになり、9月に入ると、敷地内で頻繁にその姿が見られるようになった。茶色い野生のエゾリスそのものは、秋のこの時期はエサが多いので、毎日十数匹が頻繁に敷地内に現れている。しかし、白いのは初めて見たそうだ。

総務課が野生動物担当の教員に聞いたところ、目が赤いこともあり、遺伝子異常が原因とされるアルビノと呼ばれるものではないかとのことだ。野生なので、性別ははっきりせず、1、2年前ぐらいに生まれたともみられている。

白いリスは、ネット上でも話題になり、地元紙なども報じて、写真愛好者が続々と大学を訪れるようになった。

それともに、路上駐車を含めたマナーの悪さもツイッターなどで指摘されるようになっている。十勝毎日新聞の17日付ウェブ版記事によると、写真を撮るために、石を投げて白いリスを追い出したり、餌付けを試みたりする人もいるという。

マナー悪化で、大学が注意呼びかける看板設置

中には、リスが逃げると、驚かしたとして学生を叱り付ける人もいたという。多いときは、十数人が大学構内に入り、望遠レンズなどを構える姿が見られると記事では指摘している。

これに対し、帯広畜産大では、10月中旬から「静かに見守ってください」などと写真愛好者らに訴える看板を白いリスがよく現れる4か所に掲示した。大学には、野生動物を研究対象としている学生や教員がおり、餌付けなどをすると、研究に影響が出ると説明していた。18日現在は、看板の内容を書き替えており、リスに餌をあげないでくださいと、より直接的な表現にしている。

帯広畜産大の総務課によると、写真愛好者は、年配の人ばかりではなく、男女を含め様々な人がいるという。大学では、防疫関係の場所を除き、一般の人たちの構内出入りを制限していないとしている。