@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

マクラーレンP15 公式情報

マクラーレンが、ブランド史上最も過激なサーキット志向のロードモデルを、来年発表する。

アルティメットシリーズとして登場するこの最新モデルは、内部コードで「P15」と呼ばれている。


マクラーレン自ら、デイリーユースのための実用性を求めず、パフォーマンスを最大化することに注力したと認めるP15。このモデルはつまり、極限までサーキットドライビングにフォーカスをあてた新型車なのだ。
 

P15 ハイブリッドは不採用

P15は、ハイブリッド・ドライブトレインを採用せず、軽量な内燃エンジンのみのパッケージを選択した。


搭載されるエンジンは、M840T 4.0ℓ V8ターボユニットをベースにしたもので、過給特性をチューニング。720Sでは720psを発揮するが、P15では800psまでパワーアップするものと考えられる。

これは、P1のハイブリッド・ドライブトレインを構成する3.8ℓの内燃エンジンよりも、63psも高出力ということになる。

“荒々しい” デザインと表現されているスタイリングは、機能美を追求したものだという。この2シーターモデルは、来年3月のジュネーブ・モーターショーでデビューする見込みだ。
 

予想価格、1億円超え

マクラーレンは、P15を500台製造すると考えられ、英国ではおよそ£840,000(1億2500万円)の値が付く予定だ。


カスタマー向けのプライベートプレビューが、本年末に計画されている。その頃にはモデル名も明らかになるようだ。

P15のファーストデリバリーは、3シーターモデルのBP23を発表する前、つまり2018年の夏になる見込みである。