三菱自動車が欧州を皮切りに、世界の主要市場に投入する新型SUV「エクリプス クロス」。拡販戦略を担う重要車種の一つだ(写真:三菱自動車)

燃費データ不正を機に日産自動車の傘下に入って約1年――。三菱自動車が“ゴーン流”の野心的な目標を掲げ、攻めの姿勢を鮮明にしてきた。


三菱自動車の益子修社長は、「成長の基礎となる3年」と述べ、新中計の意義を強調した(撮影:尾形文繁)

三菱自動車が10月18日に発表した3カ年の中期経営計画「ドライブ・フォー・グロース」。2019年度に世界販売を2016年度比4割増の130万台、売上高を同3割増の2.5兆円に伸ばす青写真をブチ上げた。カルロス・ゴーン会長はこの1年、三菱の拠点を訪れるごとに「三菱に足りないのは拡販だ」と社員に発破をかけてきた。過去10年は100万台の水準で伸び悩んでおり、規模拡大に一気に舵を切ることになる。

益子修社長は同日の会見で「まず信頼回復をしっかりやっていく。その上でV字回復の軌道に乗せる。この3年間は持続的成長を遂げるための土台作りであり将来の種蒔きだ」と強調した。

4WDやSUV軸に新型車攻勢へ


三菱自動車がインドネシアで発売した新型MPV「エクスパンダー」。今後は他のアセアン諸国でも販売する(写真:三菱自動車)

成長の牽引役はこれまで投入を絞っていた新型車だ。パイオニアと自負する4WD(4輪駆動車)やSUV(スポーツ多目的車)、ピックアップトラックなど強みとするカテゴリーに一段と注力。インドネシアでこの秋発売した3列シートの新型MPV(多目的車)「エクスパンダー」と欧州に投入した新型SUV「エクリプス クロス」を含め、新型車11車種を今後3年間で次々投入する。

このうち6車種は新規モデルまたはフルモデルチェンジだ。特に「アウトランダー」「エクリプス クロス」「RVR」「トライトン」「パジェロスポーツ」の主力5車種でグローバル販売台数の70%を担う計画(現在は60%)だ。

益子社長は「この3年で発売する車は日産・ルノーアライアンスに入る前の開発だ。厳しい中でも開発をあきらめなかった。新車はぜひ成功させたい」と意気込む。さらに2020年以降は軽自動車とSUVの電気自動車(EV)投入も計画している。

新車投入と並んで成長戦略の柱とするのが、各市場の深掘りだ。中核市場のASEANは以前から三菱が得意とする市場で生産能力の4割が集中している。インドネシアではトライトンや「パジェロ」が人気で1割近いシェアを占める。

今年稼働した同国の新工場で生産する「エクスパンダー」は受注が2万6000台と好調な出足で、今後は日産にもOEM(相手先ブランド生産)で供給する。新車をテコに、ASEANでの年間販売台数を2016年度の20万6000台から2019年度に5割増の31万台まで増やし、シェアを2ケタ台の10%(現在8.3%)に乗せたい考えだ。

米国と中国も販売網と商品でテコ入れ


三菱自動車は主力の「アウトランダーPHEV」を2017年中に米国にも投入する計画だ。(撮影:尾形文繁)

手薄だった2大市場の米国と中国でも巻き返しを図る。米国では年内に新たにアウトランダーPHEV(プラグインハイブリッド)を投入するなどして、2019年度に3割増の年間13万台の販売を目指す。中国ではディーラーを400店に倍増。現地生産を開始したアウトランダーをはじめ、EVやPHEVを含めた商品の拡充を急ぎ、2019年度までに販売台数を2.5倍の22万台に引き上げる。

これまで抑制してきた投資も一気に拡大させる。2019年度の設備投資は2016年度の6割増となる年間1370億円で売上高対比5.5%に引き上げる。研究開発費も5割増の1330億円とするなど、設備投資と研究開発費は3年間で計6000億円以上に増額する予定だ。

一方、コスト削減も徹底する。日産とは車のコストの6〜7割を占める部品の共同購買を本格化。また、利益重視を目的に月次の損益管理手法を導入し、業績は回復傾向にある。経営陣には日産からの役員が多数送り込まれており、面談も頻繁に行われている。三菱幹部は「日産という新たなベンチマーク(指標)ができ、今まで気づけないことに気づけた。ロジックに基づき、いつどこで何を販売するかが明確になった」と話す。組織や人事も年功序列を打破し、日産と同じ成果報酬型に移行してきている。

模範としてきた日産が窮地に

だが、皮肉にも三菱が模範としてきた日産は自らの不祥事で今、窮地に立たされている。日産では無資格の検査員が完成検査をしていた問題が発覚し、くしくも10月2日の新型EV「リーフ」発売日に大量のリコール(回収・無償修理)を発表。その台数は116万台に及んでいる。現在、第三者を含む調査チームが調べており、10月末をメドに事実関係と再発防止策を国土交通省に報告する予定だ。日産は三菱より前に発表する予定だった中期経営計画の発表日も延期した。


東京モーターショー2017に三菱自動車が出品するコンセプトカー『MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT』。商品の魅力で新たな顧客を開拓できるかが同社の成長を左右する(写真:三菱自動車)

三菱は日産の問題はアライアンスに影響がないとの見方を示しているが、はたしてどうか。三菱もまだ消費者の信頼回復ができたとはいえない。益子社長は「アライアンスメンバーとなったのは大きな前進だが、それだけでは十分でない。他力本願ではダメだ。これからも立ち止まらず考えていきたい」と話す。有言実行を貫けるか、正念場の3年間となる。