けやき坂46初主演ドラマは「密室サスペンス」閉じ込められた理由とは?

写真拡大

欅坂46内にあるグループ・けやき坂46(通称:ひらがなけやき)が初主演を務める新ドラマ『Re:Mind(リマインド)』(テレビ東京系列、毎週木曜25:00〜)が、10月19日よりスタートする。

秋元康原作の同作は、けやき坂46が新たな映像作品として挑む“密室サスペンスドラマ”だ。舞台は、古い洋館の一室。突如閉じ込められた少女たちの目の前には、異様な光景が飛び込んでくる。しかし、少女たちには逃げ出すことのできない理由があった。恐怖と混乱が押し寄せる中、なぜこの場所に集められ、このような状況にあるのか。原因や脱出する方法を必死に思い出す少女たち。少女たちを閉じ込めたのはいったい誰なのか、果たしてその目的とは?

第1話では、部屋にある大きなテーブルの周りで、赤い袋を被らされた制服姿の少女たち(けやき坂46)が眠っている。1人また1人と目を覚まし始め、気づくとそこにいたのは全員高校のクラスメイトたちだった。

突然の状況に混乱が押し寄せる中、何故この場所に集められ、このような異常な状況にあるのか、原因や脱出する方法を必死に考える少女たちは、1つの空席に目を向ける。その間にも絶え間ない恐怖と憔悴が彼女達を襲ってきて……。