先制点をアシストした浦和レッズMF柏木陽介

写真拡大

[10.18 ACL準決勝第2戦 浦和1-0上海上港 埼玉]

 鮮やかな軌道を描いたボールがゴール前へと向かう。浦和レッズMF柏木陽介には予感があった。「良いボールが行くんじゃないか」と――。

 スコアが動いたのは前半12分だった。左CKの好機を得ると、キッカーとしてコーナーフラッグに向かったのが柏木だった。正確無比な左足から蹴り出されたボールがゴール前に届けられると、反応したFWラファエル・シルバが強烈なヘディングシュートを突き刺し、値千金の先制点が生まれた。

「キックのフィーリングが良かったので、良いボールが行くんじゃないかなと思っていた」と振り返りながらも、得点が生まれたのは仲間のおかげだと強調する。「自分のボールだけではなく、中の入りが良かったからゴールにつながった。ラファがタイミング良く入ってきてくれた」と相手マーカーを振り切ってボールに飛び込んだR・シルバに感謝を示した。

 特に後半は上海上港に押し込まれる時間帯が続き、「ブロックを作る形が多くなった」ものの、集中力を切らさない粘り強い対応で「ピンチらしいピンチはなかった」と、FWフッキやMFオスカル擁する強力攻撃陣をシャットアウト。1-0の完封勝利を収めたチームは、10年ぶりにACL決勝へと駒を進めることになった。

「本当にうれしく思う。チームメイト、スタッフ、支えて下さっている皆さんのおかげだと思っています」と喜びを表しつつも、すぐさま表情を引き締める。「決勝に行ったことがすべてではない。決勝で勝って優勝するために、また皆さんの力を借りて頑張っていきたい」。チームに関わるすべての人とともに、最後の戦いへと向かう。

(取材・文 折戸岳彦)


●ACL2017特設ページ