“浦和のダイナモ”MF長澤和輝「相手の嫌がるプレーを意識」《ACL2017》

写真拡大

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。

▽試合後、浦和のMF長澤和輝がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。インサイドハーフの一角として存在感を放った浦和のダイナモは、「相手の嫌がるプレー」を心がけたことを明かし、役割完遂に安堵の様子を浮かべた。

◆MF長澤和輝(浦和レッズ)

──チームの戦いぶりについて

「一度やった相手だし、他のメンバーからしたら3回も対戦した相手。ある程度、相手の特徴を掴んでいたので、そこに対してうまく対応することができた」

──ボールの持ち込み役として効いていたが

「そこは僕の持ち味。そこをどんどん出していけば相手が嫌がると思ってプレーした」

──中盤トライアングルが好連携を見せていたが

「相手のディフェンスラインに対して守備に行くところからボランチの横に戻るところまで、あと切り替わったところの攻撃なんかも、運動量を求められるポジションだったけど、何とかやり遂げられて良かった」

──なかなか出場機会がなかった中で驚異的な運動量を見せたが

「常に良い準備をしているから、あれだけ走れた。これからまた機会が巡ってくるかわからないので、良い準備して、出たときに最善を尽くしたい」

──前半の良い時間にゴールを奪えたが

「前半のあの時間帯にゴールを獲れたことで、相手は攻めるしかなくなったので、自分たちが試合を優位に進めることができた」

──相手の焦りが見えたが

「時間が経つにつれて、相手に焦りというか、ゴールに急ぐシーンが見られたので、そこで逆にカウンターを狙ったり、相手の嫌がるプレーを心がけた」

──どのあたりで1-0の逃げ切りを考えたか

「75分や80分あたり。残り10分、15分だったら、1点を守りに行くという話はしていた。でも、最初は追加点を狙って、もう1点をとって仕留めて行くという共通理解の下でプレーした」