フォア・ザ・チームに徹した浦和MF武藤雄樹「みんなで守れて良かった」《ACL2017》

写真拡大

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。

▽試合後、浦和のMF武藤雄樹がミックスゾーンで取材陣のインタビューに応対。「守備しかしてない」と自身のプレーぶりにダメ出ししたものの、どこかチームの決勝進出という結果に充実感を浮かべた。

◆MF武藤雄樹(浦和レッズ)

──自身のプレーぶりについて

「自分の中で、ボールを失うことがあまりにも多かった。今日、僕がしたのはディフェンスを頑張ったぐらい。もっと攻撃で役に立ちたい」

──試合途中からインサイドでプレーしたが

「あのときは、もうみんなで守ることしかなかった。僕が中に入ったことでオスカルやフッキを捕まえて自由にやらせないように心がけた。あと、カウンターの起点になることを考えたけど、みんなで守れて良かった」