敵ながらあっぱれ! ベタ褒めのAVB「浦和は良いチーム」《ACL2017》

写真拡大

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。

▽試合後、上海上港を率いるアンドレ・ビラス=ボアス監督が会見に出席。浦和の決勝進出を素直に称えつつ、“浦和レッズ”といういちクラブをベタ褒めした。

◆アンドレ・ビラス=ボアス(上海上港/中国)

「次のステージに進む浦和レッズにおめでとうと言いたい。我々にも、かなりチャンスはあったが、残念ながら次のステージに進むことができなかった。前半のCK時に単純なミスから浦和にゴールを決められて、結果的に負けてしまった。チーム全体としても決定的なチャンスはそれほどなかったが、選手たちの努力には満足しているし、感謝もしている」

─この試合に向けた対策は

「浦和の守備が非常に良かった。前半においては、ショートパスを使って対応しようとしたが、浦和がスペースを見つけたらすぐに埋める戦術を講じてきた。私から見ても、(浦和の守備が)すごく良かったと思う」

─浦和のディフェンスが非常に強固だった。対策は。そして、監督から見て、浦和というチームは?

「浦和は良いチーム。私がアジアに来た当初から浦和のプレーを見ていて、びっくりすることがあった。彼らは常に良いサッカーをしていて、パスも非常に美しかった」

「今回の試合だと、我々がずっと攻撃する展開だったが、彼らの守備を突破できなかった。浦和のディフェンス陣の中に、何人か日本代表の選手がいると聞いた。本当に強いディフェンスラインだと、今日改めて思った」