10年ぶり決勝進出の浦和・堀孝史監督、約4万人のサポーターに感謝「後押ししてくれた」《ACL2017》

写真拡大

▽浦和レッズは18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準決勝2ndレグでホームに上海上港(中国)を迎え撃ち、1-0で勝利。2戦合計2-1とし、10年ぶりの決勝進出を決めた。

▽試合後、浦和を率いる堀孝史監督が会見に出席。試合を振り返り、守備への手応えを語るとともに、選手、ファン・サポーターへの感謝を述べた。

◆堀孝史監督(浦和レッズ)

「厳しい戦いでしたが、選手たちが本当によく走って戦ってくれました。そのことに対して感謝したいと思います」

「それと平日にも関わらず、多くのファン・サポーターの方が、自分たちを後押ししてくれたことにも感謝したいです」

──今日の守備は本当に良かったと思いますが

「まずチームとしてしっかりとした守備をするということ。相手の前線に居る個の強い選手に対して、しっかりチームとして組織としてコンパクトにした中で、ボールを奪いにいくことをしました」

「ただ、もう少しそこにボールが渡る前に奪いたいというのがありましたが、なかなかそういった部分で相手にボールを持たれる時間が長かったのは反省かなと思います」

──10年前とはチームの状況などは違うと思うが、このチームが10年ぶりに決勝に進んだことでもたらすものは

「前回は僕が直接関わっていない中で、クラブが決勝に行きました。そこに進むということで、今のチーム、それぞれの選手、クラブといった部分でも、良い経験ができていると思いますし、成長につながると思います」

──今日のレフェリーが簡単な接触で笛を吹いていたと思うが、浦和にとって有利だったか、不利だったか

「基本的に私はレフェリーの判定に対して、有利であったり不利であったりと考えないようにしながらゲームに入っています。ですので、有利不利というのはありません」

──決勝の相手はサウジアラビアのチームだが、これまでのアウェイと比べると厳しい部分が多いと思う。どんな準備をしたいか

「間にJリーグがあるので、そちらを優先したいと思います。次のサウジアラビアでの試合までに、色々なことを考えてプランを立てて準備して行きたいです。いくつかアイデアはありますが、まだ何も決まっていません」