【型なしで焼ける】フランス発のケーキ「パンビー」って知ってる?

写真拡大 (全5枚)

「パンビー」って何?と思われた方が多いかもしれません。まだまだ日本に浸透していないこのケーキ、実は、フランスの家庭では昔から親しまれてきたスイーツなんです。そのよさは、なんといっても【型をつかわずに焼ける】こと! 

信じられますか!?こんなにきれいに丸くふくらんだ本格ケーキが、型を使わずにできるなんて…。

おまけに生地は表面がサクッ、中はふわふわと絶妙な食感で、ひとくち食べると幸せな気分になれます。本場ではキャラメルクリームとフルーツをはさむそうですが、まずは作りやすいカスタードクリームからチャレンジするのがおすすめ。
作り方のコツは、生地に混ぜるメレンゲをしっかり泡立てること。そうすると、型がなくても生地をこんもり天板にのせることができ、きれいな円形に整えられます。

ちなみに、「パンビー」というかわいらしい名前の由来は……、こんもりと丸い形がパン・ド・カンパーニュに似ていることで「パン」。

「ビ」はサクッと軽いスポンジ生地、ビスキュイに食感が似ているから。

材料も、生地は卵、グラニュー糖、薄力粉、コーンスターチだけで作れちゃうので、気軽にトライしてみてください〜♪

料理/ムラヨシ マサユキ 撮影/高杉 純 文/編集部・上杉

(『オレンジページ』2017年11月2日号より)