生麺はしっかりしたコシと小麦の香りが特徴

写真拡大

■ 職人手作りの味わいを生と乾麺両方で

【写真を見る】店内はテーブルと小上がりがあ り、ゆとりある造り

秋田といえば「稲庭うどん」!秋田市にある「寛文五年堂 秋田店」は、熟練の職人が作る「いなにわ手て綯ないうどん」が名物だ。ぜひ試してみたいのが、「乾麺・生麺味比べ」(1025円)。香り豊かな生麺と、ツルツルした喉越しの乾麺を両方味わえる。

生麺はしっかりしたコシと小麦の香りが特徴。ゴマダレとカツオダレで味わう。

和風の店内は、あたたかい雰囲気の落ち着いた空間。気軽に利用できるカウンター、テーブル席のほか小上がりもあり、家族や仲間での集まりにもぴったりだ。

千秋公園に程近い「エリアなかいち」内にある食事処でアクセスも便利。熟練の職人が作る稲庭うどんを、心ゆくまで味わおう。【ハイウェイウォーカー編集部】